メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ウェア」検索結果。

ウェアの商品検索結果全16,400件中1~60件目

SALE
HOUDINI(フーディニ) 超軽量・透湿撥水パッカブルウィンドブレーカー【Men's Air 2 Air Wind Jacket】

TOKYOlife

18,360

HOUDINI(フーディニ) 超軽量・透湿撥水パッカブルウィンドブレーカー【Men's Air 2 Air Wind Jacket】

HOUDINI(フーディニ)は、【CORE COMFORT=最高の着心地】に高いこだわりを持つ、スウェーデン設立のブランド。世界的マジシャンであるHOUDINIをブランドネームのルーツに持ち『高度なマジックのような軽さと着心地』がトレードマーク。また、女性デザイナーを中心にデザインされるせいか、どのアイテムもシルエットが非常に美しいのも特徴です。近年、日本においても感度の高いアウトドアアクティビストの間で人気に火が着き、フリースのミドルウェアを中心に高い指示を得ています。【Men's Air 2 Air Wind Jacket】は、ウィンドシェルにありがちな生地の硬さを排除した特異なモデル。C9 Ripstopという特殊生地を採用し、ソフトでしなやかでありながらしっかりと風をしのげ、早春や晩秋、また夏であっても標高の高い地域に出向く際には非常に有用となるアイテムです。適度な防風性はもちろん、DWR(耐久性撥水)加工による水への強さ、そして透湿にも優れています。また極めて軽く、手の平に収まるポケッタブルタイプで、どこへ持って行くにも負担になりません。HOUDINIならではのシルエットの美しさも相まって、自転車はもちろんラン、トレラン、ライトトレッキング等、活躍の幅を大いに期待できるジャケットです。

SALE
alk phenix(アルクフェニックス) 4Wayストレッチメッシュハンチング【dome hunting/Dot Air】

TOKYOlife

9,612

alk phenix(アルクフェニックス) 4Wayストレッチメッシュハンチング【dome hunting/Dot Air】

毎シーズン素材を変えながらどのアイテムも完売必至の人気となるalk phenixのキャップシリーズ。今シーズンは非常に人気を博した、軽量で涼しいメッシュ素材のハンチングがアップデートして登場です。メイン素材は通気性に富んだ高機能素材“Dot AirTM"を採用。非常に軽量で通気性も抜群なので頭部のムレは全くありません。また4WAYのストレッチ素材でもあるので、まるで被っているのを忘れてしまう程のストレスフリーな被り心地となっています。トップ部分の縫製を三段階に分けることにより、アコーディオンのようにパッとコンパクトにたため、携帯に便利。さらにリフレクタープリントが施され、夜間のライドやウォーキングにも安全性が高まります。UVカット加工もされている為、日差しが強い日に頭皮が焼けてしまうのを防ぎます。トップの形状は深めで、しっかりとホールド感があります。全体的のサイズ感はややゆったりめなので、締め付け感がありません。ワンハンドでサイズ調整が可能なアジャスターコードがついているので簡単にサイズ調整をしていただけます。適度に柔らくクセ付けしやすいツバをおごり、使い勝手と個性を高いバランスでフィックスさせています。前向きに被るのも良いですが、ベースボールキャップよろしく後ろ向きに被るのもまたおすすめです。ヘルメットで潰れてしまったヘアスタイルをスタイリッシュにカバーするのに最適な、一歩進んだハンチングキャップです。

SALE
PISSEI(ピセイ) レインジャケット【PISSEI BUFERA JACKET】

TOKYOlife

44,064

PISSEI(ピセイ) レインジャケット【PISSEI BUFERA JACKET】

レインジャケットなんて雨の日に走ることは無いから不要なんて思っていませんか?実は雨が降っていない真冬でもこのジャケットの効果を充分に体感することができるんです。真冬の天気は変わりやすいもの。出発するときは晴れていても途中で雨や雪に遭うことも。。。そんな時このレインジャケットを持っていればどんな天候でもOKです。 防水性はもちろんで縫い目には止水テープを施しており、雨の侵入をシャットアウトできます。また、このレインジャケットは異例のコンパクト性能を秘めており、走り出して熱くなってきたら脱いで丸めて背中のバックポケットに収納できます。(PISSEIがサポートするプロチームよりバックポケットに収納できるレインジャケットが欲しいと要望があったことから誕生した製品だとか。。。)カラダは熱くてもジャケットを脱げない雨のシーンだって期待してください。生地には eVent DValpine と呼ばれる素材を採用しており、これは登山等で有名なGORE-TEXと同等以上の蒸れを排出する通気性(透湿性)があるとウワサされています。防水、防風、透湿を高い次元で実現する eVent DValpine 。単にこの素材を使っただけではeVentの称号は貰えず、検査機関での製品テストに合格しないとタグすら付けられない“選ばれしジャケット"なんです。ルックス・カラーリングはさすがのPISSEI。シンプルながらも左胸にワンポイントロゴで、できるローディを演出してくれてます。これは間違いなく冬のライドに重宝するアイテムです。対応温度域:15〜25度℃※【PISSEI BUFERA PLUS JACKET】のライト仕様です。

SALE
7mesh(セブンメッシュ) パッカブルライトウェイトウィンドジャケット【Northwoods Windshell】

TOKYOlife

25,920

7mesh(セブンメッシュ) パッカブルライトウェイトウィンドジャケット【Northwoods Windshell】

山々に囲まれ、カナダにおいての自転車の聖地といわれる「スコーミッシュ」から発信される“7mesh"。そんな同ブランドより、以前展開されていたウィンドブレーカー【Northwoods Jacket】が進化して登場です。比較的伸縮性の少ない、ハードシェル製のウインドジャケットが多い中、本作は珍しいストレッチタイプ。ソフトな素材感とブランド独自のパターンから生れる心地良い着心地が魅力です。シルエットは、ウインドジャケットとしてはやや緩めの「程々にタイト」に設定しています。しかしながら、7mesh独自の人間工学に基づいた立体裁断パターンを採用することで「動き易さ」と「向かい風からのバタツキ」を、ちょうど良いところで落とし込みました。もちろん、前作同様。コンパクトにまとめて携帯できるパッカブル仕様。小物を入れるのに便利な左フロントのジッパーポケットに、裏返しながらジャケットを丸め込むことで小さくまとめられます。ちょっとしたシティライドから、長い旅行。タウンユースやアウトドアに至るまで様々なアクティビティで活躍する、ブランドの中でも随一の軽さを誇るウインドジャケットです。

SALE
KLATTERMUSEN(クレッタルムーセン) 3レイヤーストレッチマウンテンパーカー【Allgron 2.0 Jacket】

TOKYOlife

64,800

KLATTERMUSEN(クレッタルムーセン) 3レイヤーストレッチマウンテンパーカー【Allgron 2.0 Jacket】

KLATTERMUSEN(クレッタルムーセン)を代表する3レイヤーハードシェルジャケット【Allgron 2.0 Jacket】。「山で過ごすための機能」にだけに特化した現代の無機質なマウンテンパーカとは一線を画す、ブランドの拘りを詰め込んだモデルです。機能性の多くをゴア等のハイスペックファブリックに頼るブランドが多い中、「バイオマスバランスドポリアミド」という、環境負荷の低いナイロン系の特殊ファブリック(ストレッチ)をメイン素材として採用。高い防風性と耐水性、さらに透湿性を持ちますが、ハードシェルらしからぬマットな生地感やなめらかな肌触りやなど、機能性だけに囚われない素材チョイスはさすがKLATTERMUSEN(クレッタルムーセン)といったところでしょうか。また、スウェーデ発の電子遭難者捜索システム“RECCO"を採用しているのも、このウェアが機能性だけを追い求めたものでないことを物語ります。RECCOは、ウェアに仕込まれた特殊な反射板(なんとたったの5g程度)が、発信装置からの電波を反射し遭難者の位置を特定する、ビーコンのように働くシステムです。ビーコンよりも高精度であるため、今後日本でも大きな普及が見込まれています。サイクリストである我々がこのシステムの恩恵に与ることは極めて稀でしょうが、KLATTERMUSENが取り組む本気のスペックを肌で感じることが出来るのは、【Allgron 2.0 Jacket】の所有者の特権です。また、アーバンアウトドアとしても高レベルな、美しいシルエットが織りなす美しい佇まいもKLATTERMUSENの真骨頂。ブランドきっての傑作が傑作と言われるそのわけを、ぜひあなたの肌で感じて下さい。文中でご紹介できなかった仕様は以下です。・アンダーレイヤーのファスナーと干渉しない斜めのフロントファスナー...

SALE
KLATTERMUSEN(クレッタルムーセン) エタプルーフ・マウンテンパーカー【Einride Jacket】

TOKYOlife

59,400

KLATTERMUSEN(クレッタルムーセン) エタプルーフ・マウンテンパーカー【Einride Jacket】

独自の感性、アプローチで世界的なアウトドアウェアブランドとして確固たる地位を築き上げた「 KLATTERMUSEN(クレッタルムーセン)」。商品説明の文章で「ブランドの代名詞」的な表現は、これまで沢山目にしてきた事だと思います。が、しかし実際にそうなんだから仕方がない。今でこそKLATTERMUSENのアイテムを街やショップで見かけたりしますが、今の知名度を獲得し世界的なブランドとなる上で重要な要因となったポイントは何かというと、まずは「環境への配慮」という点です。100%リサイクルの素材を使用したり、100%リサイクル可能なアイテムを生産している点が高く評価されています。また絶対に外せないポイントが「デザイン」。オリジナリティーあふれるデザインは機能性も兼ね備えており、唯一無二の存在です。そして、その他のポイントを跳ね除けて堂々と君臨するのがこの「EINRIDE (エイナリーダ)2.0 JACKET」という存在。本格的なアウトドアウェアには珍しいコットン製のアウターは、100%オーガニックコットンを使用。「etaproof(エタプルーフ)」という超高密度に織り込まれたコットンの生地は、スイスの企業が戦闘機のパイロット用に開発した素材。いわば「ミルスペック」というやつですね。素材の特性上「完全防水」とはいきませんが、綿でありながら高い防風性と防水性を持っていて、綿特有の通気性も備え、化学繊維にはない天然素材の自然な肌触り・風合いが特長。またナイロン製のウェアと違い、使い込むほどアイテムの雰囲気も変化し、どんどん愛着が沸いてくる稀有な存在なんです。細かな仕様の変更を繰り返しながら、常にブランドのアイコンアイテムとしての地位を保ち続ける「EINRIDE (エイナリーダ)2.0 JACKET」。「エコデザインアワード」「VOLVO...

SALE
On(オン) 軽量ウェザープルーフストレッチジャケット【Weather Jacket M】

TOKYOlife

25,920

On(オン) 軽量ウェザープルーフストレッチジャケット【Weather Jacket M】

スイス発のフットウェアブランドOn(オン)。彼らのリリースするエポックメイキングなシューズたちは今やランニング業界を飛び出し、ファッションアイテムとしても愛される存在となりました。実は機能性ウェアもお得意な同ブランドが放つ、なんと360°全面通気性を備えたオールウェザー対応の超軽量ジャケットが【Weather Jacket M】です。スイスブランドらしい少しユニークでシックなデザインは、スポーツMixスタイルにもマッチ。根強い人気のアスリージャースタイルにも違和感なく溶け込みます。これ一枚で軽快なスタイルが出来上がり、街を颯爽と駆け抜けるスポーツバイクとの相性は言わずもがな。また、シルエットにもOnならではのこだわりが見て取れます。考え抜かれて設計された独創的なフォルムのフードは、アクティブな動きに追従しズレにくく、視界を妨げたりしないジャストフィットフード。当然ながらランやトレランには最高の相棒に。雨風の中でも程好く暖かくドライな着用感の為、アクティブに過ごす人には欠かせない1着です。・安心の日本製超軽量ストレッチ素材を採用・肩から胸にかけてポリアミド100%の生地を使用し耐久性をアップ・すべての生地が通気性を確保・撥水処理を全生地に施工・止水ジッパーを採用・チェストポケットにジャケット本体を直接収納できるポケッタブル仕様

SALE
alk phenix(アルクフェニックス) 速乾ストレッチロングスリーブシャツ【crank shirt/Primeflex】

TOKYOlife

20,520

alk phenix(アルクフェニックス) 速乾ストレッチロングスリーブシャツ【crank shirt/Primeflex】

alk phenix(アルクフェニックス)のブランドデビューから毎年アップデートをし続ける定番シリーズ【crank shirt/Primeflex】コチラは非常に人気の高いロングスリーブモデルです。素材には、シアサッカー生地のような独特なシワ感を持った(二重織)の“Flex Skin Plus"を採用。全方位に伸びる4WAYストレッチが特徴的な高機能素材です。その独特なシワによって接地面が減り、汗がベタつきにくいサラサラとした感触になります。更に吸汗・速乾性にも優れているため、常にドライで快適な着心地をキープしてくれます。左胸と前身頃にはジップ付のポケットが配され、たっぷりとした収納力も持っています。また、首裏の台襟には折りたたまれるように収納されたサンシェードシステムも完備。このサンシェードによって、日差しから首元を守り、熱中症や、日焼け、体力の消耗を予防します。ボタンは全て、軽量で着脱しやすいプラスチックドットボタンを使用。脇下にはベンチレーションがついていて、その周囲はブランドのトレードマークである全方位再帰反射プリントでコーティングを施しています。袖口はカフ仕様ではなくカットソーのような作りにすることで、シャツでありながらよりスポーティーな印象を与えてくれます。まさにアーバンアウトドアを体現する、機能性とデザイン性を両立した傑作といえる逸品です。

SALE
alk phenix(アルクフェニックス) 軽量ストレッチストライププリントシャツ【crank shirt S/S /COOL DOTS】

TOKYOlife

21,600

alk phenix(アルクフェニックス) 軽量ストレッチストライププリントシャツ【crank shirt S/S /COOL DOTS】

alk phenix(アルクフェニックス)夏の定番【crank shirt S/S】。今作は素材自体に通気孔を持ち、高度な通気性と軽量性を誇る機能素材『COOL DOTS』を採用した、暑い日本の夏にピッタリなショートスリーブシャツです。機能素材『COOL DOTS』は優れた通気性だけでなく、高いストレッチ性も持ち合わせているので着心地は快適そのもの。サイクリングなどのアクティビティでも窮屈さとは無縁です。しわになりにくいイージーケアなところもお勧めポイントです。今作はシルエットもマイナーチェンジ。サイズを一回り大きくし、裾もストレートに仕上げ、まるで開襟シャツのようなラフな印象になりました。モードでスポーティな着方だけでなく、リラックスしたコーディネートにもぴったりマッチします。両脇のベンチレーションホールや前身頃と左胸のジップ付きポケット、襟元のリフレクタープリントなど、機能的なデティールは継承。さらに近年定着しつつあるワイヤレスイヤホン用のポケットも、胸ポケットのフラップ部分に搭載されています。今の気分にマッチしたリラクシーかつスポーティなこの1着は、アーバンライドからアウトドアまで幅広く活躍すること間違いありません。

SALE
ASSOS(アソス) アームウォーマー【ASSOS ARMWARMER_EVO7】

TOKYOlife

6,480

ASSOS(アソス) アームウォーマー【ASSOS ARMWARMER_EVO7】

春や秋の端境期、初冬のトレーニングなど、何かと気温の対応に難しい時期に活躍するウォーマー類。EVO7世代となり、素材やカッティングを見直すことで、より優しい付け心地になり、暖かさもUPしました。新開発のフリース素材:RX Light(アールエックス ライト)を使用し、前作と比較してみてもパターンやカッティングが大幅に見直されています。またこれまでのウォーマーは腕の前後(風が当たる部分とそうでない部分)で別々のフリース素材を用いていましたが、今回生まれ変わったアームウォーマーはRX Lightに素材を統一。適切な箇所に、適切な素材・パーツを使用するのが当たり前のASSOSですから、素材統一=新開発素材への自身、と言ったところでしょうか。RX Lightは保温性と伸縮性、すぐれた通気性も併せ持つASSOS独自のフリース素材。暖かさとフィット感を保ちつつ、場合によってはムレなども防ぐ超優秀素材なので、ライディング時の体を常に快適な状態に保つことを目指しているASSOSにとっては、この素材の開発と使用は必然なのかもしれません。また生地が薄くなったことで、全体的なボリュームが減りジャージのバックポケットにしまう際も、今まで以上にスッキリと収納可。さりげなく左右の区別ができるように小さなラベルが追加されているのもポイントです。たとえば半袖ジャージ+ss.skinfoil spring/fall+アームウォーマー。暑くなったらウォーマーを脱いで温度調整。そんな微妙な温度コントロールに大活躍するアイテムです。適応シーズン:春/秋/初冬

SALE
MYN(マイン) ウィンドプルーフジャケット WETTA2

TOKYOlife

27,594

MYN(マイン) ウィンドプルーフジャケット WETTA2

元はPISSEIからレディース専門ブランドとして独立したブランド「MYN」から、ウィンドプルーフジャケットが登場。ファブリックにはeVentDVストレッチ素材(防風透湿耐水素材)という高機能素材を使用しています。一見、難しそうな名前の素材ですが、最近話題でよく耳にする『eVent(イベント)』というのがこれ。実はすごいやつなんです。通常、高い防風性能と撥水性を持っていると、蒸れるしストレッチも効かない、シェル素材でごわつく、というのが一般的でした。そんな不快な要素を可能な限り克服してくれたのが『eVent(イベント)』です。eVentは水分や余分な熱を瞬時に逃がす機能が高いため、汗や熱を除去しながらウェア内をドライに最適な温度に保ってくれます。シャカシャカではなく柔らかい質感なのでコンパクトにもしやすく、ウェア内側の収納用ポケットに小さく収納することができるのです。そうです、薄手で柔らかいのに防水、防風、という高機能素材にプラスしてポケッタブルな仕様なのです。携行しやすいので、出先の環境変化への適応能力は抜群、おまけにかわいいデザインときた。また、高めの襟の後ろにはアジャスターが付いているため、襟元のフィット感を調節することができます。ラグランスリーブで肩の動きもスムーズなのは嬉しい仕様ですね。単なるサイクリングウェアにとどまらず、ちょっとしたアウトドアなどにも幅広く使っていただけると思います。女性サイクリストのウェアに選ぶ楽しみをもたらしてくれるジャケットです。

SALE
narifuri(ナリフリ) シアサッカージェットキャップ【NF9016】

TOKYOlife

8,100

narifuri(ナリフリ) シアサッカージェットキャップ【NF9016】

夏を代表する素材シアサッカー。夏のジャケットに良く見られるトラッドシーンの大定番でありつつ、近年ではトレンドにたびたび浮上する人気素材です。そしてランブームやキャンプブームの台頭と共に注目され、ファッションアイテムとして定着しつつあるジェットキャップ。かつて一世を風靡したワークキャップに取って代わり、時代を象徴するカブリモノとして人気です。そんな新旧両者を出会わせた、narifuriのジェットキャップ。narifuriオリジナルのコンパクトなフォルムに、COOLMAXシアサッカー生地で吸汗速乾性を高めた、新しさを感じさせるヘッドウェアです。また、スナップバック式の調整ベルトはもちろん、形状記憶用ワイヤーでツバの形を任意で変えられたり、通気用のメッシュハトメが付いていたりと、価格に見合ったこだわりを感じさせてくれます。お手入れはいたって簡単で、家庭での洗濯が可能です。自転車のみならず、キャンプやフェスなどのアウトドアシーン、カジュアルシーンでも活躍することでしょう。コーディネートのアクセントに、ヘルメットを着用しないライドでは汗止めとして、またヘルメットを脱いだ後の髪の乱れを隠すアイテムとしてもご提案いたします。

SALE
and wander(アンドワンダー) 速乾ストレッチショートスリーブシャツ【tech short sleeve shirt】

TOKYOlife

25,920

and wander(アンドワンダー) 速乾ストレッチショートスリーブシャツ【tech short sleeve shirt】

日本発の新進気鋭アウトドアウェアブランドand wander(アンドワンダー)。メゾン系ブランド出身のデザイナーが手掛けるブランドなだけに、いわゆる世間一般のアウトドアブランドとは一線を画すデザインが特徴であり魅力です。そんなand wanderがリリースするショートスリーブシャツも、当然他のアウトドアウェアブランドでは、まず見掛けることのない一枚。フロントとバックで表情を変えるこちらは、フロントに伸縮性が抜群でUVカット機能も兼ね備えたマイクロファイバーを使用し。立体的な構造に織り上げることでソフトな風合いに仕上げ、肌面には凸凹を形成させています。バックには吸水速乾に非常に優れたメッシュを配し、ムレ感を減少させ汗冷え対策もしっかり。また、細かいディティールにもこだわりを感じるのがand wander。例えば、ラグラン線を無縫製のテープ始末にすることで、フラットな心地よい肌あたりにしたり、脇下の気になる汗の臭いをおさえる方法としてデオドラントステッチを使用したりと。流石の一言。ポケットのファスナー口には、再起反射シートを圧着させるなど機能的なデザインも抜かりありません。アウトドアウェアとしてのスペックを十分に有し、尚且つファッション性にも優れた様々なアクティビティに対応する一枚です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク