メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ウィルソンジュース 100」検索結果。
お客様が入力された検索条件に該当する商品が見つかりませんでした。

こちらの関連商品はいかがですか?

シマノ 14CALCUTTA CONQUEST 100

つり具 BLUE MARLIN 楽天市場店

47,088

シマノ 14CALCUTTA CONQUEST 100

商品説明メーカー名シマノ 14 カルカッタ コンクエスト 100サイズ 100スペックギア比: 5.2 自重: 215g 最大巻上長: 59cm 最大ドラグ力: 4.0kg糸巻量: ナイロン 3.0号-100m 3.5号-90m 4号-80m商品説明 時代を切り拓く伝統の造形美。 生まれ変わった円形リールの旗手。次なる時代を築く先進のスペック。 鍛造素材から削り出されるフレームがもたらす耐久性と剛性感溢れる巻き心地は、カルカッタコンクエストの真髄と呼ぶべきもの。 これにさらなる磨きを掛け、キャスト性能とコンパクト性を向上させたのがNEWカルカッタコンクエストです。 駆動中枢にはX-SHIPとマイクロモジュールギアを搭載。 ギアの耐久性と回転フィーリングが向上するとともに、ラインから伝わる情報を曇らせるギアノイズが激減しました。 また、S3Dスプールを採用することによってキャスト時に起こるスプールの回転振動を抑制。 さらにスプールの大径化によりキャスト初期のスプール回転速度が抑えられ、後半においても伸びるようなキャスト性能を実現しました。 パーミング側のサイドプレートを小径化したSコンパクトボディを採り入れ、さらに小さく握りこめるようになりました。 遠心力ブレーキはフリップオープン式で、釣りの途中でも外から簡単に調整を行えます。

送料無料
ダイワ リール ソルティガ BJ 100SHL

Amazon

42,861

送料無料

ダイワ リール ソルティガ BJ 100SHL

ベイジギングの頼れる存在! ■巻取り長さ(cm):81※巻取り長さはハンドル1回転あたりの長さです。■ギヤー比:7.3■標準自重(g):300■最大ドラグ力(kg):7■標準巻糸量PE(号-m):1-400、2-200※巻糸量のPE号-m表示はベイジギングセンサー+Si/タナセンサーブライトを使用。■ハンドル長さ(mm):110 パワーライトM■ベアリング(ボール/ローラー):12/1※巻糸量のPE号-m表示はベイジギングセンサー+Si/タナセンサーブライトを使用。■付属品:リールバッグ/ブレーキカラー≪ダイワ ジギングリール≫●人気のベイジギングに真打ち登場。高剛性スーパーメタルハウジングに独自の精密マシンカットを施した堅牢なハウジング、リールをサビ・塩ガミから守るマグシールドボールベアリング、そして防水タイプのATD(クリック音付き)、さらに定評のあるハイパーデジギヤを採用し、徹底的に耐久性を強化。もちろん細糸に優しいシンクロレベルワインドも搭載し、ベイジギング用リールに求められるあらゆる要素を高い次元でクリア。ダイワの長年の経験をもとに度重なるテストで培った、まさに「Made in Field」をカタチにしたハイエンドモデル。100サイズには、よりパワフルに巻ける110mmダブルハンドルを装備、大型マダイの強いアタリにもリトリーブが止められることなく、しっかりと食い込むまで巻き続けられる。ローギヤモデルはタイラバの必要条件を追求し辿り着いた「楽巻き」コンセプトのもと、紅牙をイメージしたピンクでカラーリング。

シマノ 攻めキス HOOK 100本

拙者の投げ釣り楽天市場店

1,014

シマノ 攻めキス HOOK 100本

掛かり重視!スリムな形状で、瞬時に吸い込ませる早掛鈎。 好適状況 ・喰いが比較的渋いとき ・呑み込まれやすいとき ●掛かり重視! スリムな形状で、瞬時に吸い込ませフッキングさせる早掛鈎。 ●喰いの渋い状況においても威力を発揮。 ●半ヒネリと独自の深いフトコロはバラシ防止にも貢献。 FF フッ素フィニッシュ 膜圧を抑えたフック表面をフッ素加工を施し、滑らかな刺さりを追求。 硬いキスの口元に、抵抗なく、驚くほど刺さる。 「攻めキス」「掛けキス」は針先が特に鋭く、またフッ素フィニッシュの相乗効果で、硬いキスの口元にも抵抗無く、驚くほど刺さります。そして、適度なカエシ設定が「滑りやすいからバレ易い」という事も防いでくれています。「攻めキス」「掛けキス」とも素材によって非常に軽く、キスの吸い込みも抜群です。軽い鈎ですが、強度は抜群。私自身、掛けキスの5号でシロギスの28センチをはじめ、クロダイの50センチ、ヒラメの41センチをキャッチする事が出来ました。また、攻めキスの4号においては小型キスが針数すべてに掛かり、吸い込み性能の良さを実感出来ました。両鈎の使い分けですが、比較的小型のキスが多い時や喰いが渋い時には「攻めキス」、活性が高い時やアタリがあってもキスが乗り難い時は「掛けキス」という使い分けがおすすめです。また、「掛けキス」はフトコロがやや広い形状に設定しており、エサにチロリを使用した場合においても、きっちりと鈎先を出す事が出来るので、「アタリがあっても掛からない…」という事を防いでくれます。最後に、鈎先が特に鋭く、刺さりが良いために、実釣時や仕掛け作成時に鈎が手に刺さらないように注意してください。※写真はデザインイメージです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク