メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「剣道」検索結果。

剣道の商品検索結果全11,266件中1~60件目

PISSEI(ピセイ) レッグウォーマー【PISSEI モンヴィーソ】

TOKYOlife

8,580

PISSEI(ピセイ) レッグウォーマー【PISSEI モンヴィーソ】

その斬新で鮮やかなデザインから世界中のサイクリストを魅了してやまないイタリアンブランドPISEEI(ピセイ)。TOKYO Wheelsでも根強い人気を誇ります。そんなPISEEIより、そのイメージとは打って変わり、合わせるウェアを選ばないシンプルかつシックなデザインが魅力のレッグウォーマーが登場。マイクロフリース素材を採用している為、着け心地はもちろん。吸汗速乾、防寒保温性は高く、あらゆるコンディションで心強いアイテムです。4Wayストレッチの高いストレッチ性を備え、大腿部分にはシリコン製のグリップテープがインストールされているので、過度に締め付けること無く装着時のズレを防いでくれます。脛のサイド部分には、同系色のPISSEIのハートロゴが主張し過ぎずさりげなくあしらわれています。サイズ選びが難しいとされるレッグウォーマーですが、PISSEIウェアのサイズ感は、日本サイズとほぼ同等となっており、ショーツと同サイズをお選びいただれば概ね問題ございません。どんなサイクルウェアにも合わせやすいシンプルなデザインで、1年を通してご使用いただけます。朝夕や高地での防寒用であったり、また日焼け止め用としてなど重宝することは間違いありません。是非お持ちのショーツと組み合わせて頂き、季節の変わり目など細やかな温度調整が必要な場面でご活用ください。

正絹 刀の下緒 さざ波組 単色 寸法 八尺(約240cm)房含めず 絹製・下げ緒・日本刀・真剣・居合刀・刀剣用具・sageo

組紐 浅草桐生堂

16,500

正絹 刀の下緒 さざ波組 単色 寸法 八尺(約240cm)房含めず 絹製・下げ緒・日本刀・真剣・居合刀・刀剣用具・sageo

>*** レビューの書き方 *** 商品のことに限らず、様々なご意見をお聞かせください。 品名 刀の下緒 さざ波組 単色 商品説明 V字の矢羽根模様が特徴のさざ波組です。 柄糸や鞘に溶け込むひかえめで品の良い色目です。 柔らかく組んでいますから栗型には通しやすくなっております。 幅が約14ミリとなっています。ご使用可能かよくご検討ください 寸法 長さ/八尺(約240cm)房含めず 幅:約14mm 厚さ:約2mm 素材 絹100% 注意事項 ※ 商品の写真はお客様のモニター環境や、撮影時のライティングの関係等により実物と若干異なることがございますので予めご了承下さい。 ■刀の下緒 長さのご指定方法 買い物かごの上の欄、長さ選択よりご希望の長さをご指定ください。 ご注文後に当店で商品価格を修正した後、メールで正しい価格をお知らせいたします。 ※表記の寸法は房部分をのぞいた本体の長さです。 有料ラッピングのご指定方法 買い物かごの上の欄、ラッピング選択よりご希望の箱と包装紙をご指定ください。 箱と包装紙の写真はこちら ご注文後に当店でラッピング料金を加算修正しました後、メールで合計金額をお知らせいたします。*刀の下緒 さざ波組 単色* 演舞用…美術鑑賞用に…居合道の稽古に…正絹の下げ緒 V字の矢羽根模様が特徴のさざ波組は 寄せては返す小波の情景が浮かぶ伝統的な組紐の典型 地味な中にも気品の漂う 柄糸、鞘に溶け込む ひかえめな色目 幅は約14ミリ 厚さは2ミリ 柔らかく組んでいますから栗型には通しやすくなっております 短刀用、脇差用など ご希望の長さをご指定いただけます。 買い物かごの上の欄、長さ選択よりご希望の長さをご指定ください

正絹 刀の下緒 内記組 寸法 八尺(240cm) 組紐・下げ緒・日本刀・真剣・居合刀・刀剣・sageo

組紐 浅草桐生堂

16,500

正絹 刀の下緒 内記組 寸法 八尺(240cm) 組紐・下げ緒・日本刀・真剣・居合刀・刀剣・sageo

>*** レビューの書き方 *** 商品のことに限らず、様々なご意見をお聞かせください。 品名 刀の下緒 内記組 商品説明 片面ドット柄で下緒として使うにはやや伸縮性があります。 好みが分かれますがきつく締めたい方には使いずらいです。気持ちゆったり持ちたい方には最適です。 幅が約11ミリとなっています。ご使用可能かよくご検討ください 寸法 長さ/約240cm(房含めず) 幅:約11mm 素材 絹100% 注意事項 ※ 商品の写真はお客様のモニター環境や、撮影時のライティングの関係等により実物と若干異なることがございますので予めご了承下さい。 ■刀の下緒 長さのご指定方法 買い物かごの上の欄、長さ選択よりご希望の長さをご指定ください。 ご注文後に当店で商品価格を修正した後、メールで正しい価格をお知らせいたします。 ※表記の寸法は房部分をのぞいた本体の長さです。 有料ラッピングのご指定方法 買い物かごの上の欄、ラッピング選択よりご希望の箱と包装紙をご指定ください。 箱と包装紙の写真はこちら ご注文後に当店でラッピング料金を加算修正しました後、メールで合計金額をお知らせいたします。*刀の下緒 内記組* 刀の下緒はやはり絹製を使わないと滑ってしまいますし、危険防止にもなります。 両面色違いで使い勝手のよいシンプルデザインの紐です。 1.黒地×白点 2.黒紫地×白点 3.濃藍地×白点 4.黄土地×白点 5.濃緑地×黄土点 6.鉄紺地×黄土点 7. 黒地×臙脂点 ※刀に適応するか、上記の寸法をよくお確かめ下さい。

正絹 刀の下緒 変り安田組 八尺(約240cm) 組紐・下げ緒・日本刀・真剣・居合刀・打刀・刀剣用具・sageo

組紐 浅草桐生堂

8,800

正絹 刀の下緒 変り安田組 八尺(約240cm) 組紐・下げ緒・日本刀・真剣・居合刀・打刀・刀剣用具・sageo

>*** レビューの書き方 ***商品のことに限らず、様々なご意見をお聞かせください。 品名 刀の下緒 変り安田組 商品説明 刀の下げ緒としては、単染めのシンプルな仕立てで伸縮性はややあります。 多少の伸縮性がありますので仕上がり寸法に5cm程度の誤差がございます。 幅が約13ミリとなっています。ご使用可能かよくご検討ください 寸法 長さ:約235〜240cm(誤差が有り:房含めず) 幅:約13mm 素材 絹100% 注意事項 ※ 商品の写真はお客様のモニター環境や、撮影時のライティングの関係等により実物と若干異なることがございますので予めご了承下さい。 ■刀の下緒 長さのご指定方法 買い物かごの上の欄、長さ選択よりご希望の長さを選択し、ご注文ください。 ご注文完了後に当店で商品価格を修正いたします。 ※表記の寸法は房部分をのぞいた本体の長さです。 有料ラッピングのご指定方法 買い物かごの上の欄、ラッピング選択よりご希望の箱と包装紙をご指定ください。 箱と包装紙の写真はこちら ご注文後に当店でラッピング料金を加算修正しました後、メールで合計金額をお知らせいたします。*** 刀の下緒 変り安田組 *** ベーシックな安田の変り組、絹鳴きが聞こえます。 刀の下緒はやはり絹製を使わないと滑ってしまいますし、危険防止にもなります。 *** *** ※刀に適応するか、上記の寸法をよくお確かめ下さい。 この組は伸縮性が若干あるので、引っ張ると痩せる(細くなる)のでご注意して下さい。 ***

正絹 刀の下緒 高麗組・耳付き・昼夜 寸法 八尺(約240cm)組紐・下げ緒・日本刀・真剣・居合刀・刀剣・sageo

組紐 浅草桐生堂

14,300

正絹 刀の下緒 高麗組・耳付き・昼夜 寸法 八尺(約240cm)組紐・下げ緒・日本刀・真剣・居合刀・刀剣・sageo

>*** レビューの書き方 *** 商品のことに限らず、様々なご意見をお聞かせください。 品名 刀の下緒 高麗組・耳付き・昼夜 商品説明 古くに中国から伝わった組み方で硬く伸縮性はほとんどありません。< 幅が約12.5ミリとなっています。ご使用可能かよくご検討ください 寸法 長さ/約240cm(房含めず) 幅:約12.5mm 厚さ:1.5mm〜2mm 素材 絹100% 注意事項 ※ 商品の写真はお客様のモニター環境や、撮影時のライティングの関係等により実物と若干異なることがございますので予めご了承下さい。 ■刀の下緒 長さのご指定方法 買い物かごの上の欄、長さ選択よりご希望の長さをご指定ください。 ご注文後に当店で商品価格を修正した後、メールで正しい価格をお知らせいたします。 ※表記の寸法は房部分をのぞいた本体の長さです。 有料ラッピングのご指定方法 買い物かごの上の欄、ラッピング選択よりご希望の箱と包装紙をご指定ください。 箱と包装紙の写真はこちら ご注文後に当店でラッピング料金を加算修正しました後、メールで合計金額をお知らせいたします。*刀の下緒 高麗組 耳付き・昼夜* 刀の下緒はやはり絹製を使わないと滑ってしまいますし、危険防止にもなります。 両面色違いで使い勝手のよいシンプルデザインです。 *** *** ※刀に適応するか、上記の寸法をよくお確かめ下さい。

「織田信長」拵え写し

ブドウショップ

87,000

「織田信長」拵え写し

長さ :2尺4寸が標準72.7cm 2尺5寸以上は長寸代金が加算されます *刃文 備前国長船住光忠 *柄色 時代鉄正絹 *鞘色 暗朱艶 *鮫色 白 *縁金具 古銭(真鍮) *鍔 古銭(鉄) *目貫 古銭(真鍮) *ハバキ 祐乗(真鍮) 納期:☆本製品は受注生産品のため、ご注文からお届けまで約一ヶ月半から二ヶ月時間がかかりますので予めご了承ください。織田信長は、室町末期(1534年〜1582年)に活躍した尾張の武将である。1551年、急死した父の後を受けて家督を継ぐも、弟・織田信勝(信行)と家督争いが発生し、これに勝利する。その後、敵対勢力を次々と下していき、尾張を統一した。1560年、圧倒的優位な立場にあった今川義元を桶狭間の戦いで破り世に名を轟かせ、1567年には美濃の斎藤氏を滅ぼした。信長は桶狭間の戦の際に、貨幣(永楽通宝)をわしずかみに取り出し天空に投げ、気運を占った。全ての貨幣が表側で揃い、「天は味方についた」と言い指揮を高めたとも言われている。 その翌年には足利義昭を奉じて上洛を果たし、義昭を将軍位につけるも次第に関係が悪化して、1573年これを追放した。武田氏、朝倉氏、延暦寺、石山本願寺などから成る信長包囲網が結成されるが、1570年の姉川の戦いで浅井・朝倉両氏を破り、1571年には比叡山延暦寺焼き討ちを断行、比叡山全体をことごとく焼き払った。1575年には長篠の戦いで武田勝頼に大勝。以後、天下布武を推し進め、楽市楽座、検地などの政策を採用する。既存の権威や勢力(朝廷・仏教など)を否定し武力で排除する一方、新しい考え方や文化を取り入れる才能があり、出自に囚われない大胆な人材登用や伝統に縛られない新機軸の方針・政策を断行し、応仁の乱以後続いた戦国時代を終結へと導いた...

スポンサーリンク
スポンサーリンク