メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「コータックスプーン」検索結果。

コータックスプーンの商品検索結果全3件中1~3件目

こちらの関連商品はいかがですか?

アンリパAlexandraアレキサンドラsize 70mm 8.0gcolor アバロンサマービートル A-105[AX-70HW] /メーカー[アングラーズリパブリック Angler's...

dn e-shop

1,611

アンリパAlexandraアレキサンドラsize 70mm 8.0gcolor アバロンサマービートル A-105[AX-70HW] /メーカー[アングラーズリパブリック Angler's...

アレキサンドラ本流、サツキマス、サクラマスに対応する70mmを追加その革新的なコンセプトとフォルムで多大な影響を与えたフラットサイドトゥイッチングミノーのアレキサンドラ。釣り上がりからのアップやアップクロスでピンスポットを撃ち抜き、ロッド操作により最小限の移動距離で効果的なイレギュラーアクションで魚を挑発する。そんな先鋭的な釣りを提案した先駆けのルアーであったと確信しています。小渓流や小沢のアップストリームでの繊細かつ大胆なゲーム、スタンダードな渓流でのレンジを意識したフォーリングからのシェイキングを駆使したサイトフィッシング、春から秋の移りゆく季節、その全てのシーンに対応する基本性能の確かさはアングラーの信頼の裏切りません。ウエイトの形状と位置は着水後のバックスライドさせるようにセッティング。フォーリング姿勢をレベルフォールに近づけ、より強固になったボディを纏い際どいポイントへのアプローチにもたじろぐことはないはずです。さらに本流、遡上系に対応する70mmをラインナップに加えます。イレギュラーアクションや飛び、引き抵抗の軽さといった美点を継承、数少ないチャンスを逃さない能力をフィールドで体感してください。 AX-35HW35mm 1.9g Sinking Hook Size:#12シングル 本体価格 \1,200 AX-43HW43mm 3.3g Sinking Hook Size:#10シングル 本体価格 \1,300 AX-50HW50mm 4.5g Sinking Hook Size:#8シングル 本体価格 \1,400 AX-63HW63mm 6.6g Sinking Hook Size:#6シングル 本体価格 \1,500 AX-63HW63mm 6.6g Sinking Hook Size:#6シングル 本体価格 \1...

アンリパGURKHA Spoonグルカスプーン7gcolor MG−03 チャートバックオレンジベリー[ANRES][GS-7] /メーカー[アングラーズリパブリック Angler's...

dn e-shop

756

アンリパGURKHA Spoonグルカスプーン7gcolor MG−03 チャートバックオレンジベリー[ANRES][GS-7] /メーカー[アングラーズリパブリック Angler's...

広大な流れをスプーンを泳がせて釣り下る事をコンセプトに開発されたグルカスプーン。例えば九頭竜川上流、赤川中流の様な早瀬を主体とした場所でのダウン&アクロスによるアプローチで流れに対して逆引きした状態を想定してセッティングしてある完全なストリーマースプーン。通常のスプーンなら過剰な水圧負荷で単調回転してしまう条件下でも、このグルカスプーンならスムーズに回転してくれるのでステディリトリーブ中にもオートマティックにトラウト、サーモンのバイトを誘発してくれる。また、リトリーブ主体で使うスプーンなので昨今のミノーアングラーで混み合ったフィールドでも早いテンポで釣り下る事も適している。●使い方 クロス?ダウンクロスにキャスト後、任意のレンジまで一度沈めたら後は一定速度でスプーンの動きを魚に見せつけるようにリトリーブするのが基本。魚の定位置が想定できている場合はそこで一瞬沈める、弾くなどのワンアクション入れた誘いも面白い。★仕様・規格・寸法★GS-548mm 5g 推奨フックサイズ:#4-#2 本体価格 \700 GS-749mm 7g 推奨フックサイズ:#4-#1 本体価格 \750 GS-1254mm 12g 推奨フックサイズ:#1-#1/0 本体価格 \850 GS-2158mm 21g 推奨フックサイズ:#1/0-#2/0 本体価格 \950その他の色、重さを見る

スミスD-インサイト53color 10. チャート箔[D-INCITE] /メーカー[スミス SMITH]

dn e-shop

1,534

スミスD-インサイト53color 10. チャート箔[D-INCITE] /メーカー[スミス SMITH]

極薄フラットサイド ヘビーシンキングミノーD-インサイト D-コンタクト&ダイレクトに続く、平本 仁が生み出した待望のヘビーシンキングミノー第2弾は、極薄フラットサイド・ヘビーシンキングミノーとなるD-インサイト。ロール角の大きな慣性ヒラ打ちで喰わす事を大きな武器とするヘビーシンキングミノーです。 特徴 移動距離が少ない為、長い時間アピール出来て、ロール角の大きなキレのある慣性ヒラ打ちアクション。 高速リーリングによる振動スイムと深いトレースレンジ(D-コンタクトより20cm程深) 薄く、高強度の新発想リップ搭載。キレと水噛みに優れ、アップ〜ダウン、トロ、荒瀬、小渓流の小さなスポットなど、スタイル、フィールドに全対応。 ボディーデザインと重心バランスにより、パラつくことが無く、気持ちの良い伸びのある大きな飛距離を獲得。 オリジナルポッティングアイ、異質のホログラムのコラボによる創り込み。 ★仕様・規格・寸法★カラーチャート(全12色、写真左上より)01. クロキン02. アカキン03. グリーンPG04. ヤマメ箔05. ヤマメレーザー06. TS箔07. TSレーザー08. アユ箔09. ピンク箔10. チャート箔11. BPレーザー12. ウグイ D-INCITE 44全長 44mm重量 4.0g 固定重心タイプ ヘビーシンキングフック D−コンタクトフック#12¥1,600+税 D-INCITE 53重量 5.0g 固定重心タイプ ヘビーシンキングフック D−コンタクトフック#12¥1,600+税 その他の色、重さを見る

スミスD-ダイレクトcolor 02. アカキンsize 55mm 6.0g[D-DIRECT] /メーカー[スミス SMITH]

dn e-shop

1,580

スミスD-ダイレクトcolor 02. アカキンsize 55mm 6.0g[D-DIRECT] /メーカー[スミス SMITH]

未知なる深度領域に達する・「慣性スライド」で喰わす。ヘビーシンキングディープミノーD-ダイレクト 今までに攻め切れなかった落ち込み付近から深度1mを超えるデッドゾーンをダイレクトに攻略する為のヘビーシンキングディープミノー。 6gの自重で沈め、巨大リップによる強制急速潜行で未知なる領域まで一気に到達させ、リーリングによる小刻みなウォッブ&ロールの振動でルアーの存在をアピール、深みに潜むトラウトをダイレクトに誘います。 シーズンを問わず、大きなプールには必ず良いサイズが居る。しかし2mを超える深いプールとなると、攻略難度は一気に上がる。1〜2投目で「ギラッ」という反応を確認するも、ルアーよりはるか深くのボトム付近の現象。その後はどんどんスレてゆき、10投目あたりで断念、というパターンがほとんどではないだろうか?この10数投の内容もキャスティングポジションを変えたり、カラー・ルアーを変えたり、もちろん底近くをトレースする為にスプーンでフォールさせてリーリング、なども試みるがいまひとつ釣果に結び付かない。 自分に至ってはこのような大きなプールに出会うと、D−コンタクトで上層に反応のある魚をターゲットに数投して、さっさと上流の流れの釣りをめざすというスタイルをとってきた。やはりいまひとつ釣果に結び付く気がしなかったからだ。しかし前述の通り、大きなプールには必ず良いサイズが居る。更にシーズン初期などはそこにしか居ないのではというぐらいだ。何とかしたい。やはりこのプール及び深場の攻略は自分にとっての課題でもあった訳である。 1. 魚はどこにいるか?(図1) 落ち込み付近の上層は激しい流れだが深度のある場合1m以上の深さにいくと流れはだいぶ落ち着いている。落ち込みから3mも下流になればその底付近は魚にとって非常に住み心地の良いところと思える。...

スミスD-ダイレクトcolor 04. TSsize 55mm 6.0g[D-DIRECT] /メーカー[スミス SMITH]

dn e-shop

1,580

スミスD-ダイレクトcolor 04. TSsize 55mm 6.0g[D-DIRECT] /メーカー[スミス SMITH]

未知なる深度領域に達する・「慣性スライド」で喰わす。ヘビーシンキングディープミノーD-ダイレクト 今までに攻め切れなかった落ち込み付近から深度1mを超えるデッドゾーンをダイレクトに攻略する為のヘビーシンキングディープミノー。 6gの自重で沈め、巨大リップによる強制急速潜行で未知なる領域まで一気に到達させ、リーリングによる小刻みなウォッブ&ロールの振動でルアーの存在をアピール、深みに潜むトラウトをダイレクトに誘います。 シーズンを問わず、大きなプールには必ず良いサイズが居る。しかし2mを超える深いプールとなると、攻略難度は一気に上がる。1〜2投目で「ギラッ」という反応を確認するも、ルアーよりはるか深くのボトム付近の現象。その後はどんどんスレてゆき、10投目あたりで断念、というパターンがほとんどではないだろうか?この10数投の内容もキャスティングポジションを変えたり、カラー・ルアーを変えたり、もちろん底近くをトレースする為にスプーンでフォールさせてリーリング、なども試みるがいまひとつ釣果に結び付かない。 自分に至ってはこのような大きなプールに出会うと、D−コンタクトで上層に反応のある魚をターゲットに数投して、さっさと上流の流れの釣りをめざすというスタイルをとってきた。やはりいまひとつ釣果に結び付く気がしなかったからだ。しかし前述の通り、大きなプールには必ず良いサイズが居る。更にシーズン初期などはそこにしか居ないのではというぐらいだ。何とかしたい。やはりこのプール及び深場の攻略は自分にとっての課題でもあった訳である。 1. 魚はどこにいるか?(図1) 落ち込み付近の上層は激しい流れだが深度のある場合1m以上の深さにいくと流れはだいぶ落ち着いている。落ち込みから3mも下流になればその底付近は魚にとって非常に住み心地の良いところと思える。...

スミスD-コンタクトcolor 04. TSsize 50mm 4.5g[D-CONTACT][ヘビーシンキングミノー] /メーカー[スミス SMITH]

dn e-shop

1,487

スミスD-コンタクトcolor 04. TSsize 50mm 4.5g[D-CONTACT][ヘビーシンキングミノー] /メーカー[スミス SMITH]

慣性スライドで喰わせるヘビーシンキングミノーD-コンタクト 渓流のルアーフィッシングを一変させたヘビーシンキングミノー。 D-CONTACTは「慣性スライド」アクションを実現したミノーで、まさにヘビーシンキングミノーの火付け役とも言える存在です。その"D"とは、比重18のタングステンウェイトを内蔵し、50mmは4.5g、63mmは7g、72mmは9.5gものウェイトを確保しつつも極薄のボディーフォルムが繰り出す、驚異の「ディスタンス力」・「ディープ力」・「ディレクション力」を意味します。 ヘビーシンキングミノー人気の火付け役でありつつも、その高い完成度は他の追随を寄せ付けず、今もなおその高い支持が衰えることはありません。1. 微速領域に移行する慣性スライド これは通常のフローティング、シンキングミノーにはない世界。 既存のミノーの場合、トゥイッチなどで 動→止→動→止 を繰り返します。「止」の時に浮力(シンキングでも姿勢を立て直す浮力がある)で姿勢を立て直そうとし、前には進まず、結果として「止まる」ことになります。 D-CONTACTはその自重ゆえ、慣性の法則で姿勢を立て直そうとしながらもねじれ進みます。これが慣性スライドです。その後微速領域に移行します。 動→慣性スライド→動→慣性スライド の連続の中、魚は「動」で誘われ、スピードの緩んだ、しかし動きのある慣性スライドから微速領域の時をバイトチャンスとして認識します。 これは鳥・獣が獲物を捕らえる時を見ても同様のものが感じられます。 2. クロス・ダウンでのトゥイッチでも飛び出さない川を釣り上がっていくスタイルにおいては、ダウンクロス・ダウンキャストの使用頻度は10%を切るものの、必ず何ヶ所かにおいてはその必要に迫られる場面があります。 D-CONTACTはアップストリームキャスト...

スミスD-コンタクトcolor 01.キンクロsize 50mm 4.5g[D-CONTACT][ヘビーシンキングミノー] /メーカー[スミス SMITH]

dn e-shop

1,487

スミスD-コンタクトcolor 01.キンクロsize 50mm 4.5g[D-CONTACT][ヘビーシンキングミノー] /メーカー[スミス SMITH]

慣性スライドで喰わせるヘビーシンキングミノーD-コンタクト 渓流のルアーフィッシングを一変させたヘビーシンキングミノー。 D-CONTACTは「慣性スライド」アクションを実現したミノーで、まさにヘビーシンキングミノーの火付け役とも言える存在です。その"D"とは、比重18のタングステンウェイトを内蔵し、50mmは4.5g、63mmは7g、72mmは9.5gものウェイトを確保しつつも極薄のボディーフォルムが繰り出す、驚異の「ディスタンス力」・「ディープ力」・「ディレクション力」を意味します。 ヘビーシンキングミノー人気の火付け役でありつつも、その高い完成度は他の追随を寄せ付けず、今もなおその高い支持が衰えることはありません。1. 微速領域に移行する慣性スライド これは通常のフローティング、シンキングミノーにはない世界。 既存のミノーの場合、トゥイッチなどで 動→止→動→止 を繰り返します。「止」の時に浮力(シンキングでも姿勢を立て直す浮力がある)で姿勢を立て直そうとし、前には進まず、結果として「止まる」ことになります。 D-CONTACTはその自重ゆえ、慣性の法則で姿勢を立て直そうとしながらもねじれ進みます。これが慣性スライドです。その後微速領域に移行します。 動→慣性スライド→動→慣性スライド の連続の中、魚は「動」で誘われ、スピードの緩んだ、しかし動きのある慣性スライドから微速領域の時をバイトチャンスとして認識します。 これは鳥・獣が獲物を捕らえる時を見ても同様のものが感じられます。 2. クロス・ダウンでのトゥイッチでも飛び出さない川を釣り上がっていくスタイルにおいては、ダウンクロス・ダウンキャストの使用頻度は10%を切るものの、必ず何ヶ所かにおいてはその必要に迫られる場面があります。 D-CONTACTはアップストリームキャスト...

スポンサーリンク
スポンサーリンク