メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「鍔」検索結果。

鍔の商品検索結果全895件中1~60件目

文字彫り《革ツバの文字入れ・20文字以内》【剣道 剣道具 革つば 革鍔 皮ツバ 皮つば 皮鍔】

カタギリ武道具

1,296

文字彫り《革ツバの文字入れ・20文字以内》【剣道 剣道具 革つば 革鍔 皮ツバ 皮つば 皮鍔】

『剣道・竹刀・仕組・仕組み・革鍔・銘彫り・銘掘り・文字堀り・文字入れ・名前彫り・名前掘り・名前入れ』 ★ご注文いただきました革ツバに文字をお入れします★ ○ 名前や学校名等、好みの文字何でもお入れできます! ○お入れする場所は上記写真の様にツバの上&下部分です。(上下各10文字以内、計20文字までお入れ出来ます。) ○レーザー機による綺麗な文字! ○名前や文字彫りで 紛失防止にもなります! ○文字の大きさは当社にてバランス良くお入れ致します。(文字数が多くなると少し小さめになります。) ○書体は上記写真よりお選び下さい。 ☆あなただけのオリジナル革ツバ!☆ ※注意※ こちらは文字彫りの商品ページですので革ツバは付いておりません。 ご注文の場合は下記の[5mm革ツバ][7mm革ツバ]を合わせてご注文下さい。 ●こちらの文字彫りのみのご注文は出来ませんのでお気をつけ下さい。 5mm革ツバ 7mm革ツバ ○お入れする文字につきましては【ご注文手続きへ】に進んだ後に出てくる備考欄にご記入下さい。【必須】(現在のこのページには記載箇所はございません。) ※尚、文字彫りを行った商品の返品交換は致しかねますのでご了承下さい。★ご注文の革つばに文字をお入れします。20文字以内★☆レーザー機による綺麗な文字入れ☆ 5mm革ツバ 7mm革ツバ

実戦剣道~究極の指導法~【DVD・剣道】

京都武道具

10,800

実戦剣道~究極の指導法~【DVD・剣道】

◇【商品概要】 指導・解説:香田 郡秀(教士八段、筑波大学教授、剣道部部長) 実技協力:筑波大学剣道部員 【掲載・収録内容】 第一部:基本編 服装(稽古着の着方・袴のはき方)、用具、防具(垂れ・胴・面・小手)のつけ方納め方 竹刀、手拭のつけ方(2種類)、礼法(立礼法・座礼・稽古試合の基本礼法) 退場時の防具、竹刀の持ち方、納め方(堤刀・帯方・握り方・納め方・蹲踞) 基本動作・自然体(正しい姿勢)、構え(5つ)、足さばき(4種類)開き足の直し方 素振り(4種類)、下素振りの注意点、生きた素振りの仕方間合、自分の打ち間 打突(面打ち・踏み込み足・小手打ち・胴打ち・突き)切り返し、切り返しの受け方 体当り、鍔ぜり合い、攻め合い、残心 第二部:応用編 しかけ技-面打ち(表と裏)払い、捲きかつぎ、小手打ち、かつぎ、胴打ち(抜けていく) つき技(表と裏)、片手技、応じ技(1)-すり上げ技、面に対して(表と裏) 小手に対して(表と裏)、突きに対して(表と裏)、片手技に対して(表と裏) 応じ技(2)-返し技、面返し面(表と裏)、面返し胴(表と裏)、面返し逆胴 小手返し面手返し小手、飛び込み胴にきた→返し面、突きにきた→返し面 抜き技、面抜き面、面抜き小手面抜き胴、面に対して逆胴 小手抜き面、小手抜き小手、出ばな面、出ばな小手(二種類)、引き技 鍔ぜり合いからの引き面・引き小手・引き胴、ニ・三段の技(連続技) 第三部:木刀による剣道基本技稽古法 指導上の留意点、立会前後の作法 基本1:一本打ちの技 基本2:二・三段の技(連続技) 基本3:払い技 基本4:引き技 基本5:抜き技 基本6:すり上げ技 基本7:出ばな技 基本8:返し技 基本9:打ち落とし技 3巻セット・DVD disc1 92分disc2-1 69分disc2-2 82分 disc3...

単品注文用 剣道グッズ 剣道マウスパッド 名入れ ネーム 卒業記念 記念品 プレゼント 部活動 剣道 けんどう 剣道着 防具 胴着 胴  オリジナル (ネコポス可)

オリジナルグッズ専門店FUNCREATE

1,350

単品注文用 剣道グッズ 剣道マウスパッド 名入れ ネーム 卒業記念 記念品 プレゼント 部活動 剣道 けんどう 剣道着 防具 胴着 胴 オリジナル (ネコポス可)

剣道グッズにお困りではないですか?こんな時は名入れグッズです! 記念品 参加賞 道場 部活動 プレゼント 贈呈品 卒業記念 優勝記念 昇段 オーダーメイドで世界でたった一つのオリジナル剣道グッズをお作りします。ご希望のお名前、所属名を垂ネームに入れることができます。別売りで竹刀、面のチャームもあります。※ 手ぬぐい 、 小手 、 鍔 などのチャームはございません。防具袋や竹刀袋にワンポイントとして可愛いキーホルダーも発売してます。 《商品説明》 ・胴着のカラーバリエーションは6色から選択可能です。 ・胴のカラーは「黒」「赤」 の2色から選択可能です。 ・サンプル画像のように表側【垂ネーム】に文字を 入れることができます。  ・フォント、色は変えることができません。  ・文字、数字のレイアウトはサンプル画像の様になります。  文字数によって、文字のサイズが小さくなる場合があります。 ・苗字の横に小さく名前を入れたい場合は【 】を付けてください ※例 鈴木【敦】 田中【美】   ご注文手続きの備考欄にご希望の情報の入力を必ずお願い致します。 《サイズ》 タテ162mm×ヨコ204mm

刀鍔 伊達正宗 美術刀剣用

サンプロネットショップ

1,188

刀鍔 伊達正宗 美術刀剣用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。つば 鍔 鐔・鍔(つば)は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。 日本における鐔の起源は少なくとも古墳時代まで遡ることが知られ、青銅製の「倒卵形(とうらんがた)」とよばれる鐔が、 頭椎太刀(かぶつちのたち)や環頭大刀(かんとうたち)などに附帯して各地で発掘されている。 鐔を古くは「つみは・津美波」といったが詰まって「つば」となった。 その後、日本独自の刀剣の様式が確立されていくに従い、鍔も重要な刀装部具として発展する。 日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す"刀に鍔が付くようになったのは 南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで 刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。 各種の資料や寺社の遺品からは、織豊期ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、 付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 尚、日本刀の場合、鍔の目的は刀を握った手を護る、というよりは突いた際に己の手が刃の方に滑らぬようにするためのもので、 敵の刃から己の手を護ることは二次的なものである。 鯉口を切る上で利便であることや、刀身との重量のバランスを取ることが重要な鐔の役目である。 提供: フリー百科事典...

スポンサーリンク
スポンサーリンク