メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「船舶クリート」検索結果。

船舶クリートの商品検索結果全35件中1~35件目

送料無料
Lovoski 2個 耐腐食性 ステンレススチール アンカー ロープクリート 10cm+ 15cm

Amazon

1,570

Lovoski 2個 耐腐食性 ステンレススチール アンカー ロープクリート 10cm+ 15cm

説明: - ロープドッククリートには、クリートヒッチ、クローブヒッチ、ボウラインノット、アンカー曲げなどの一般的なノットをしっかりと縛るのに十分なスペースがあります - 漁船、クルーザー、カヤック、カヌー、ディンギー、ジェットボート、ポンツーンボート、小さなキャビンボートなど、さまざまな小さな船をドッキングするのに最適 - プロフェッショナルなマリングレードキャストソリッド316ステンレススチール - 耐食性に優れ、海水環境下でも耐久性があります。 - 現代の船舶/ボート/ヨットに合った、鏡のような外観のための高い研磨面 - このクリートは、ガレージ、倉庫、航海テーマの客室で、多目的アンカーシステムとしても機能し、カーテン、タオルラックなどに使用できます仕様: - 材質:316ステンレス鋼 - カラー:シルバーサイズチャート:サイズ1長さ: 10cm 高さ: 2.5cm ネジ穴径: 0.5cm サイズ2長さ: 15cm 穴の直径: 5mm 穴の間隔: 55mm(異なるベース)、25mm(同じベース)パッケージに含まれるもの:1×10cmボートドックロープクリート1×15cmボートドックロープクリート注意:手作業による測定のため多少差をつけてください。モニターによって色が多少異なる場合があります。ありがとう!

クロスビット A120×B180×C80mm

ボート・マリン用品 ヤマハ藤田

20,304

クロスビット A120×B180×C80mm

●ボートの船首や船尾、もしくは桟橋等に設置し、船舶を係留する為に使用します。 ●錆びに抜群に強いステンレス304材を使用しております。 ●クリートに比べ、抜群にロープの掛けやすさが良いです。 仕様 全高 200mm 横棒全長 200mm 横棒線径 25mm 設置面1辺長 (正方形) 140mm 設置面取付穴 (4箇所有り)直径 14mm 重量 3300g ■クロスビット No23525 120×180×80 No21295 150×150×100 No21296 200×200×140 No21297 250×250×190 No21298 300×300×200 ●ボートの船首や船尾、もしくは桟橋等に設置し、船舶を係留する為に使用します。 ●錆びに抜群に強いステンレス304材を使用しております。 ●クリートに比べ、抜群にロープの掛けやすさが良いです。 仕様 全高 150mm 横棒全長 150mm 横棒線径 19mm 設置面1辺長 (正方形) 100mm 設置面取付穴 (4箇所有り)直径 11mm 重量 1300g ■クロスビット No23525 120×180×80 No21295 150×150×100 No21296 200×200×140 No21297 250×250×190 No21298 300×300×200 ●ボートの船首や船尾、もしくは桟橋等に設置し、船舶を係留する為に使用します。 ●錆びに抜群に強いステンレス304材を使用しております。 ●クリートに比べ、抜群にロープの掛けやすさが良いです。 仕様 全高 120mm 横棒全長 180mm 横棒線径 16mm 設置面1辺長 (正方形) 80mm 設置面取付穴 (4箇所有り)直径 9mm 重量 860g ■クロスビット No23525 120×180×80...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
バッテリー寿命延長器 のびーた 24V用 商品番号:99905 【ユニマットマリン・大沢マリン・ボート用品・船舶】

大沢マリン/アウトドアショップ

19,440

バッテリー寿命延長器 のびーた 24V用 商品番号:99905 【ユニマットマリン・大沢マリン・ボート用品・船舶】

●鉛バッテリーの寿命を延ばし、長く良好な状態に保つ装置です。 ●鉛バッテリーは使用とともに内部にサルフェーションという物質が蓄積されます。この蓄積量が増加するとバッテリーの蓄電能力が減少し、充電器で満充電状態になっても使用できる電気量は減ってゆきます。 ●この延命装置は、バッテリーの+-端子に接続するだけでサルフェーションを分子レベルで分解し、バッテリーを常に良好な状態に保ちます。 ●鉛バッテリーであれば、ディープサイクル、密閉型、容量の大小は問わずご使用になれます。 1.バッテリーの寿命とは・・・? 一般的にバッテリーは、2~3年ごとに交換すると思われがちです。 確かに、2~3年経過すると、エンジン始動時の力が不足したり、ヘッドライトの明るさが弱くなったりする現象が起こります。 そういった現象が起きると、『バッテリーの寿命が終わった』と思い、交換しますよね? 特に冬と夏は、バッテリーに大きな負担が掛かる時期です。 冬の気温の低下は、一時的にバッテリーの性能を低下させ、夏はエアコンの使用でバッテリーはフル活動します。 『いざ!』という時にエンジンがスタートせず、困ってしまう時期は、夏と冬が大半だそうです。 そんな目に会いたくない皆さんは、スキー、スノボ、マリンシーズンがやって来ると、急いでカー用品店に足を運ぶのです。 しかし!『JIS規格』に適合した鉛バッテリーは、本来10年程の耐久性を考慮して、設計、生産されています。 ならば!何故?バッテリーは2~3年で能力が低下してしまうのでしょうか? 2.電気分解時の残骸物が原因!! バッテリーは、充電放電を繰り返し行なうと、バッテリーの中に『不必要』な残骸物(サルフェーション、硫酸鉛)が溜まって行きます。 使用するに従ってバッテリーの中で、その残骸物が占める割合が大きくなるのです。 そして...

スポンサーリンク
スポンサーリンク