メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「握り革弓道ミズノ」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

弓道 弓具 弓 握り革 【DM便可】弓具 握り革 燻(いぶし)|鹿革製

弓具店suizan雅

850

弓道 弓具 弓 握り革 【DM便可】弓具 握り革 燻(いぶし)|鹿革製

【メール便配送について】 メール便を最終ご購入画面にてご選択ください。 配送方法をご変更いただけていない場合は通常配送にて配送となりますのでご注意ください。 ※他の商品と複数ご購入の場合は宅配便配送となる可能性がございますのでご注意ください。 【詳細】厚み:0.8mm〜1.2mm程度色:天然燻色※天然素材ですので、細かい傷・シワ・厚みの不均等などございますのでご了承ください。※DM便非対応の商品と同梱の場合DM便での配送は不可となります。※撮影時の状況(光の加減等)や、お客様のご自身のパソコン・モニター等の使用環境などにより、 実際の商品と比較して色味が若干異なって見える場合もございます。予めご了承ください。        弓道用握り革 日本武道であります、弓道の弓の握り部分に巻く革として、鹿革製の革を用いります。近年、さまざまな革で作られた握り革も売られておりますが、日本武道に用いられる、革は、鹿革がもっとも好ましく、素材の特徴上、しなやかさと堅牢性、又、柔軟性を持ち、抜群の吸水性があります。剣道の道具もほとんどが鹿革で作られており、革の特性を考えると、もっとも適している革であるといえます。   革の厚み 弓道の握り皮は射に、微妙に影響します。特に表面の手触りは、弓を握る時に滑らないで、角見をしっかり利かせるために重要となりますので、握り皮の材質は“鹿革”がもっとも好ましく、滑らないものを使うことが重要であります。又、厚みについても0.8mm〜1.2mm程度の革の厚みの握り革をおすすめさせていただいております。厚すぎる握り革は、手の内を滑らせてしまい、正しく、角見を利かせることが難しくなるからです。   丸染加工 弓道の握り皮は射に、微妙に影響します。特に表面の手触りは、弓を握る時に滑らないで...

弓道 弓具 弓 握り革 【DM便可】弓具 無地丸染握り革|全5色展開 鹿革製

弓具店suizan雅

540

弓道 弓具 弓 握り革 【DM便可】弓具 無地丸染握り革|全5色展開 鹿革製

【メール便配送について】 メール便を最終ご購入画面にてご選択ください。 配送方法をご変更いただけていない場合は通常配送にて配送となりますのでご注意ください。 ※他の商品と複数ご購入の場合は宅配便配送となる可能性がございますのでご注意ください。 【詳細】厚み:0.8mm〜1.2mm程度色:黒・紺・赤・緑・焦茶※天然素材ですので、細かい傷・シワ・厚みの不均等などございますのでご了承ください。※メール便非対応の商品と同梱の場合メール便での配送は不可となります。※撮影時の状況(光の加減等)や、お客様のご自身のパソコン・モニター等の使用環境などにより、 実際の商品と比較して色味が若干異なって見える場合もございます。予めご了承ください。    色:黒・Black 色:紺・Navy 色:赤・Red 色:緑・Green 色:焦茶・Chocolate     弓道用握り革 日本武道であります、弓道の弓の握り部分に巻く革として、鹿革製の革を用いります。近年、さまざまな革で作られた握り革も売られておりますが、日本武道に用いられる、革は、鹿革がもっとも好ましく、素材の特徴上、しなやかさと堅牢性、又、柔軟性を持ち、抜群の吸水性があります。剣道の道具もほとんどが鹿革で作られており、革の特性を考えると、もっとも適している革であるといえます。   革の厚み 弓道の握り皮は射に、微妙に影響します。特に表面の手触りは、弓を握る時に滑らないで、角見をしっかり利かせるために重要となりますので、握り皮の材質は“鹿革”がもっとも好ましく、滑らないものを使うことが重要であります。又、厚みについても0.8mm〜1.2mm程度の革の厚みの握り革をおすすめさせていただいております。厚すぎる握り革は、手の内を滑らせてしまい、正しく、角見を利かせることが難しくなるからです。   丸染加工...

弓道 弓具 弓 握り革 【DM便可】弓具 握り革鱗柄|全7色展開 鹿革製

弓具店suizan雅

400

弓道 弓具 弓 握り革 【DM便可】弓具 握り革鱗柄|全7色展開 鹿革製

【メール便配送について】 メール便を最終ご購入画面にてご選択ください。 配送方法をご変更いただけていない場合は通常配送にて配送となりますのでご注意ください。 ※他の商品と複数ご購入の場合は宅配便配送となる可能性がございますのでご注意ください。 【詳細】厚み:0.8mm〜1.2mm程度商品サイズ:35cm前後×3.5cm色:黒・灰・紺・焦茶・茶・緑・赤※天然素材ですので、細かい傷・シワ・厚みの不均等などございますのでご了承ください。※メール便非対応との同梱の場合は、不可となります。※撮影時の状況(光の加減等)や、お客様のご自身のパソコン・モニター等の使用環境などにより、 実際の商品と比較して色味が若干異なって見える場合もございます。予めご了承ください。    焦茶 黒 赤 緑 紺 茶 灰     人気和柄“うろこ” 三角形の連続模様は古代においては病魔を表すものであり、同時にそれを排除する呪性を持つものと考えられていました。こういったことから再生や更正という意味を持っていました。しかし「太平記」の中で北条時政が江ノ島に参篭し、子孫の繁栄を祈願した際、大蛇の鱗3枚を手に入れ旗印にしたという話が残されています。これに基づいてか現代では魔除け、厄除けの柄として使われています。弓道具の柄としても、握り革を代表として、様々な弓具に登場しており、歴史からみても、古くから伝わる伝統的な和柄の一つであります。   弓道用握り革 日本武道であります、弓道の弓の握り部分に巻く革として、鹿革製の革を用いります。近年、さまざまな革で作られた握り革も売られておりますが、日本武道に用いられる、革は、鹿革がもっとも好ましく、素材の特徴上、しなやかさと堅牢性、又、柔軟性を持ち、抜群の吸水性があります。剣道の道具もほとんどが鹿革で作られており、革の特性を考えると...

【クザクラ】九櫻(九桜) U156 弓道握皮(鹿革) 握り革※2015年1月16日メーカー価格改定により、売価変更済み【RCP】

トランスポーツ

679

【クザクラ】九櫻(九桜) U156 弓道握皮(鹿革) 握り革※2015年1月16日メーカー価格改定により、売価変更済み【RCP】

■こちらの商品は、現在「お取り寄せ」になっております。ご注文から発送まで「4〜8営業日」を目安にお考え下さい。 ※クザクラの商品は少々在庫が不安定です。■注文が集中した場合など、発送が遅れたり、在庫切れで販売できなくなる可能性がございます。欠品、納期遅れなどにつきましては、個別にご案内させていただきます。■メーカー欠品中の場合は、それ以上お時間を頂く場合がございますが、その場合につきましては、別途個別にご案内差し上げます。※メーカーが土日祭日が休みの為、すぐに在庫確認を行えない場合もございます。予めご了承の上、ご注文下さいますようお願い致します。 メーカー希望小売価格はメーカーカタログに基づいて掲載しています カタログデータは↑コチラ↑をクリックでご確認頂けます。■商品の詳細につきましては、画像をご覧頂くか、メーカーホームページでご確認下さい。 ■クザクラの商品のサイズの詳細は↓コチラからご確認頂けます。ご注文時にご確認下さい。 【サイズの見方・サイズの目安】PDFがダウンロードされます。

弓道 弓具 弓道用 【DM便可】藤ヘラ 濃州兼松作 特殊ステンレス鋼

弓具店suizan雅

850

弓道 弓具 弓道用 【DM便可】藤ヘラ 濃州兼松作 特殊ステンレス鋼

【メール便配送について】 メール便を最終ご購入画面にてご選択ください。 配送方法をご変更いただけていない場合は通常配送にて配送となりますのでご注意ください。 ※他の商品と複数ご購入の場合は宅配便配送となる可能性がございますのでご注意ください。 【商品詳細】※素材:特殊ステンレス鋼※全長:約14cm ※撮影時の状況(光の加減等)や、お客様のご自身のパソコン・モニター等の使用環境などにより、 実際の商品と比較して色味が若干異なって見える場合もございます。予めご了承ください。          藤ヘラ 握り革の巻き直しや、藤巻きの際に活用する弓具です。 岐阜県 関市 濃州兼松作の本格派 ステンレス鋼ヘラです。   握り革の巻き方 ◆準備するもの 1・握り革 2・ボンド3・ハサミ4・ヘラ弓に対してボンドが付いていない握り革を右巻きにて仮巻します。お好きな長さまで巻いていき、末端に印を付けます。(ヘラを使い革に直接印を付けていくと良いです) 印を付けたところで握り革を切り落とします。握り革に直接ボンドを付けてヘラで薄く塗っていきます。(薄く塗ることで仕上げが綺麗になります。)ボンドを握り革全体に塗った後に上から下に巻きつけていきます。その際には、革を引っ張って握り下を締め付けるようにする事が重要です。巻き終わりに、ヘラを使い革を重ねることで末端の処理を行います。最後にヘラを使い、握り革全体を圧着するようにしていく事で握り全体が締まっていき使いやすいようになります。   藤の巻き方 一文字藤・杉成等・細藤・面取藤などの弓の装飾に使われている藤の巻直しや補修に使う事ができます。 ◆準備するもの 1・藤2・ボンド3・ナイフセット藤の表皮を削り先端を薄く削っていきます。巻く場所・長さに応じて弓に巻いていき、必要な長さになったところで...

弓道 弓具 弓道用 【DM便可】藤ヘラ ナイフセット濃州兼松作 特殊ステンレス鋼

弓具店suizan雅

1,580

弓道 弓具 弓道用 【DM便可】藤ヘラ ナイフセット濃州兼松作 特殊ステンレス鋼

【メール便配送について】 メール便を最終ご購入画面にてご選択ください。 配送方法をご変更いただけていない場合は通常配送にて配送となりますのでご注意ください。 ※他の商品と複数ご購入の場合は宅配便配送となる可能性がございますのでご注意ください。 【商品詳細】※素材:特殊ステンレス鋼※全長:約14cm ※撮影時の状況(光の加減等)や、お客様のご自身のパソコン・モニター等の使用環境などにより、 実際の商品と比較して色味が若干異なって見える場合もございます。予めご了承ください。          藤ヘラ ナイフセット 握り革の巻き直しや、藤巻きの際に活用する弓具です。切り出しナイフとヘラがセットになっております。 岐阜県 関市 濃州兼松作の本格派 藤巻セットとなります。   握り革の巻き方 ◆準備するもの 1・握り革 2・ボンド3・ハサミ4・ヘラ弓に対してボンドが付いていない握り革を右巻きにて仮巻します。お好きな長さまで巻いていき、末端に印を付けます。(ヘラを使い革に直接印を付けていくと良いです) 印を付けたところで握り革を切り落とします。握り革に直接ボンドを付けてヘラで薄く塗っていきます。(薄く塗ることで仕上げが綺麗になります。)ボンドを握り革全体に塗った後に上から下に巻きつけていきます。その際には、革を引っ張って握り下を締め付けるようにする事が重要です。巻き終わりに、ヘラを使い革を重ねることで末端の処理を行います。最後にヘラを使い、握り革全体を圧着するようにしていく事で握り全体が締まっていき使いやすいようになります。   藤の巻き方 一文字藤・杉成等・細藤・面取藤などの弓の装飾に使われている藤の巻直しや補修に使う事ができます。 ◆準備するもの 1・藤2・ボンド3・ナイフセット藤の表皮を削り先端を薄く削っていきます。巻く場所...

スポンサーリンク
スポンサーリンク