メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「弓具」検索結果。

弓具の商品検索結果全1,939件中1~60件目

弓道 弓 弓禅 肥後蘇山 並寸【RCP】商品番号A-061弓具 値段 弓袋 教室弓道部 弓道教室 海外発送山武弓具店 弓道 道具

山武弓具

56,500

弓道 弓 弓禅 肥後蘇山 並寸【RCP】商品番号A-061弓具 値段 弓袋 教室弓道部 弓道教室 海外発送山武弓具店 弓道 道具

にぎり革 弓巻き 弓袋 弓拭き 雨袋 [小] 弓道Tシャツ [カラー]弓禅 肥後蘇山(きゅうぜんひごそざん)並寸 【特典】こちらの商品をお買い上げでもれなく内袋と弦1本と雨袋(小)をサービスとしてお付けします。(色等は当店指定の物となります。) 肥後蘇山の上級モデル 弓の引き味・取り回しの良さを向上し新発売! さらに竹弓の引き味に近づきました(低振動・軽量化) ※弓力はkg台という扱いになりますので1kg内での変動はご了承下さいませ。 例:10kg台→10.0kg~10.9kg ※万一お気に召さない場合は、未使用品に限りご返品・交換承ります。 クリックで拡大画像が表示されます 肥後蘇山のDNAを受け継ぎさらに進化させた最高級品=肥後蘇山“弓禅" 新発売 竹弓の良さにさらに一歩近づいた肥後蘇山シリーズの最上級品。 味わいのある弓、取り回しの良さ向上のために軽量化をはかり、スムーズな矢送りを実現しました。 調子の良いとされる竹弓の重さは560g~600g位ですが “弓禅"はその重さを目標に厳選材料の使用は当然のことながらその芯.材構造のあり方についても工夫致しました。 肥後蘇山は適度の裏反りを大切にします 肥後蘇山は竹弓にならい適度の裏反りをつけており、発売当初よりその姿は全く変わっておりません。裏反りをつけることで外側の木質部は縮み、逆に内側の木質部は伸びた状態になります。これが弦をかけて引くことで逆の状態になり、裏反りのあることでより大きな“しなり"となり反発力を生むわけで、竹弓の外竹と内竹の関係、大きく裏反りをつけて作るのに同じです。肥後蘇山は上下弦輪の三ツ頭を関板の中央にセットした場合、握り部分で弦は弓の右側を通る(入木)ように製作しております。竹弓の場合より若干入木強く製作致します。なぜなら竹弓の場合中ヒゴの皮と肉の置き方で調整...

仁 じん 並寸商品番号A-133弓具 値段 弓袋 教室弓道部 弓道教室 海外発送山武弓具店 弓道 道具

山武弓具

52,920

仁 じん 並寸商品番号A-133弓具 値段 弓袋 教室弓道部 弓道教室 海外発送山武弓具店 弓道 道具

にぎり革 弓巻き 弓袋 弓拭き 雨袋 [小] 弓道Tシャツ [カラー]仁(じん) 並寸 【特典】こちらの商品をお買い上げでもれなく内袋と弦1本と雨袋(小)をサービスとしてお付けします。(色等は当店指定の物となります。) クリックで拡大画像が表示されます 店舗在庫品は早めの発送が可能ですが、装束(籐巻、握り革巻)をしてからの発送となりますので、納期が1週間程かかる場合もございます。 強度と矢勢に加え、捻じれ、歪みを抑え、「離れ」直後の反動減衰が優れています。 軽さ、細さを達成するため、比重の軽い強化繊維を使用し、バランスの取れた裏ぞりを実現しました。 店頭販売、ならびに複数モールで在庫を共有しており、システムで在庫調整を行っておりますがタイミングにより在庫にずれが生じる場合がございます。在庫数更新が間に合わずご注文頂いた商品が欠品となる場合もございますので、あらかじめご了承ください。 ・取り寄せの場合、納期は別途ご連絡致します。 ・弓には若干の個体差があり、写真とは弓の形、握り革の色等が写真と異なる場合がありますのでご了承ください。 ・籐3ヶ所巻き ※万一お気に召さない場合は、未使用品に限りご返品・交換承ります。 弓力 11kg~18kg サイズ 並寸 色 茶色

【弓道】【弓巻】弓用 弓巻 弓禅一如 翠山弓巻 【メール便対応】【10514】

弓具店suizan雅

3,240

【弓道】【弓巻】弓用 弓巻 弓禅一如 翠山弓巻 【メール便対応】【10514】

【詳細】幅:約13cm全長:260cm 四寸伸(233cm)の弓まで対応しております。色展開:紺(裏地黄色)紫(裏地黄色) 素材:テトロン100% 【メール便配送について】 メール便を最終ご購入画面にてご選択ください。 配送方法をご変更いただけていない場合は通常配送にて配送となりますのでご注意ください。 ※ご購入商品 2枚までメール便可能です。3枚以降は宅配便になります。 ※他の商品と複数ご購入の場合は宅配便配送となる可能性がございますのでご注意ください。 ※メール便をご選択いただいた場合、あす楽対象外となります。  色展開:紺(裏地黄色) 色展開:紫(裏地黄色)       弓道・弓巻 弓道の弓に巻きつける。布製のものを弓巻と呼びます。弓を弓袋に入れたのち、弓巻で巻くということが正式であり、弓の保護・汚れ防止・乾燥防止等、弓を保護する目的として使用します。素材は、表面の光沢が美しくシワになりにくいテトロン100%の生地を採用させていただきました。竹弓等をお使いの場合は、右近袋+弓巻で保護しておくと良い状態で保管できます。   翠山オリジナル弓巻 "弓禅一如" 弓禅一如とは 弓道具商翠山として、又、弓道家 宇佐美家として弓道の本質をお伝えする言葉として、“弓禅一如"を使わせていただいております。弓道は、立禅と呼ばれるほどに、精神を鍛える武道であるということを伝える言葉として、数々の有名な弓道家の先生から伝えられた言葉であります。翠山としても弓道を伝える、言葉として、弓巻にて製作させていただいております。   弓巻の巻き方 注意点 1.弓を回しながら。弓巻を弓に巻きつけていきます。 2.手順 1~3あたりはきつめに巻くようにしてください。 3.麻弦の場合などは...

スポンサーリンク
スポンサーリンク