メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「剣道鍔」検索結果。

剣道鍔の商品検索結果全727件中1~60件目

「土方歳三」拵え写し

ブドウショップ

84,000

「土方歳三」拵え写し

刀の長さ 2尺3寸5分が標準2尺4寸5分まで2尺5寸以上は長寸代金が加算されます 刃文 和泉守兼定 柄色 時代黒正絹 鞘色 茶石目艶 鮫色 白 縁金具 土方(真鍮) 鍔 土方(鉄) 目貫 山椒(真鍮) ハバキ 祐乗(真鍮) 納期:☆本製品は受注生産品のため、ご注文からお届けまで約一ヶ月半から二ヶ月時間がかかりますので予めご了承ください。土方俊三は近藤勇、沖田総司らと幕末に新選組を組織して副長となる。 武蔵国石田村(東京都日野市)、土方義諄(よしあつ)の4男として生まれる。 実家秘伝の「石田散薬」を行商しつつ、近藤周助のもとで天然理心流剣術をまなび、 近藤勇と同門となる。近藤道場(試衛館)の仲間とともに、歳三は文久3年 (1863年)2月、幕府の征夷大将軍徳川家茂警護のための浪士組に応募し近藤勇や沖田総司らと京都へ赴く。清川八郎らが意見の対立で江戸にもどったのちも京都にのこり、芹沢鴨(せりざわかも)、初代局長、芹沢鴨の暗殺後も、2代目局長の近藤勇をたすけて洛中洛外の警備にあたった。 64年(元治元)の池田屋事件で、彼らの名声は一躍高まる。 1868年(明治元)の鳥羽・伏見の戦( 戊辰戦争)では近藤にかわって隊を指揮するが、やぶれて江戸にもどった。その後、名を内藤隼人(はやと)とあらため、近藤らと甲陽鎮撫隊(こうようちんぶたい)を組織して甲斐国勝沼(山梨県甲州市)で官軍とたたかい、下総国流山(千葉県流山市)に敗走。 近藤らがとらえられたのち、小山、宇都宮、会津と転戦、奥羽列藩の脱藩兵らとともに榎本武揚のひきいる旧幕府艦隊に合流して、蝦夷地にわたった。翌69年、箱館(函館)に成立した蝦夷島政府では陸軍奉行並(ぶぎょうなみ)に選任されたが、5月の五稜 郭での抗戦中、銃弾にあたって戦死した。墓は日野市の石田寺(せきでんじ)にある。

複数注文用 剣道グッズ 剣道回転スタンド 名入れ 父の日 昇段記念 ネーム 卒業記念 記念品 プレゼント 部活動 に最適 剣道 けんどう 剣道着 防具 胴着 胴 (オ)

オリジナルグッズ専門店FUNCREATE

1,950

複数注文用 剣道グッズ 剣道回転スタンド 名入れ 父の日 昇段記念 ネーム 卒業記念 記念品 プレゼント 部活動 に最適 剣道 けんどう 剣道着 防具 胴着 胴 (オ)

剣道グッズにお困りではないですか?こんな時は名入れグッズです! 記念品 参加賞 道場 部活動 プレゼント 贈呈品 卒業記念 優勝記念 昇段 オーダーメイドで世界でたった一つのオリジナル剣道グッズをお作りします。ご希望のお名前、所属名を垂ネームと袴に入れることができます。別売りで竹刀、面のチャームもあります。※ 手ぬぐい 、 小手 、 鍔 などのチャームはございません。防具袋や竹刀袋にワンポイントとして可愛いキーホルダータイプも販売中です。 回転部分のユニフォーム型は両面デザインです。 お好き名前、所属名を入れる事ができます。 土台の長方形の部分には、「●●大会出場」や 「●●優勝記念」 などのお好きな文字を3行まで入れる事ができます。 プラスチックケース付なので贈り物としても最適です。 ◎剣道タイプ◎ 《商品説明》 ・胴着のカラーバリエーションは6色から選択可能です。 ・胴のカラーは「黒」「赤」 の2色から選択可能です。 ・サンプル画像のように表側【垂ネーム】 と裏側【袴】に文字を入れることができます。 ・表側【垂ネーム】、裏側の名前は同じ文字が入ります。 ・フォント、色は変えることができません。 ・文字、数字のレイアウトはサンプル画像の様になります。 文字数によって、文字のサイズが小さくなる場合があります。 ・苗字の横に小さく名前を入れたい場合は【 】を付けてください ※例 鈴木【敦】 田中【美】 ・長方形部分は3行レイアウトまでできます。 ・1行目の文字は大き目の文字になります。 文字数は4文字程度まで入れる事ができます。 備考欄からご注文のお客様はご希望の情報の入力を必ずお願い致します。 《サイズ》 スタンド部分:W72mm×D38mm×H90mm Tシャツ部分:44mm×54mm 長方形部分:46mm×26mm

刀鍔 伊達正宗 美術刀剣用

サンプロネットショップ

1,188

刀鍔 伊達正宗 美術刀剣用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。つば 鍔 鐔・鍔(つば)は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。 日本における鐔の起源は少なくとも古墳時代まで遡ることが知られ、青銅製の「倒卵形(とうらんがた)」とよばれる鐔が、 頭椎太刀(かぶつちのたち)や環頭大刀(かんとうたち)などに附帯して各地で発掘されている。 鐔を古くは「つみは・津美波」といったが詰まって「つば」となった。 その後、日本独自の刀剣の様式が確立されていくに従い、鍔も重要な刀装部具として発展する。 日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す”刀に鍔が付くようになったのは 南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで 刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。 各種の資料や寺社の遺品からは、織豊期ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、 付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 尚、日本刀の場合、鍔の目的は刀を握った手を護る、というよりは突いた際に己の手が刃の方に滑らぬようにするためのもので、 敵の刃から己の手を護ることは二次的なものである。 鯉口を切る上で利便であることや、刀身との重量のバランスを取ることが重要な鐔の役目である。 提供: フリー百科事典...

刀鍔 徳川家康 美術刀剣用

サンプロネットショップ

1,188

刀鍔 徳川家康 美術刀剣用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。つば 鍔 鐔・鍔(つば)は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。 日本における鐔の起源は少なくとも古墳時代まで遡ることが知られ、青銅製の「倒卵形(とうらんがた)」とよばれる鐔が、 頭椎太刀(かぶつちのたち)や環頭大刀(かんとうたち)などに附帯して各地で発掘されている。 鐔を古くは「つみは・津美波」といったが詰まって「つば」となった。 その後、日本独自の刀剣の様式が確立されていくに従い、鍔も重要な刀装部具として発展する。 日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す”刀に鍔が付くようになったのは 南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで 刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。 各種の資料や寺社の遺品からは、織豊期ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、 付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 尚、日本刀の場合、鍔の目的は刀を握った手を護る、というよりは突いた際に己の手が刃の方に滑らぬようにするためのもので、 敵の刃から己の手を護ることは二次的なものである。 鯉口を切る上で利便であることや、刀身との重量のバランスを取ることが重要な鐔の役目である。 提供: フリー百科事典...

刀鍔 豊臣秀吉 美術刀剣用

サンプロネットショップ

1,188

刀鍔 豊臣秀吉 美術刀剣用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。つば 鍔 鐔・鍔(つば)は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。 日本における鐔の起源は少なくとも古墳時代まで遡ることが知られ、青銅製の「倒卵形(とうらんがた)」とよばれる鐔が、 頭椎太刀(かぶつちのたち)や環頭大刀(かんとうたち)などに附帯して各地で発掘されている。 鐔を古くは「つみは・津美波」といったが詰まって「つば」となった。 その後、日本独自の刀剣の様式が確立されていくに従い、鍔も重要な刀装部具として発展する。 日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す”刀に鍔が付くようになったのは 南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで 刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。 各種の資料や寺社の遺品からは、織豊期ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、 付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 尚、日本刀の場合、鍔の目的は刀を握った手を護る、というよりは突いた際に己の手が刃の方に滑らぬようにするためのもので、 敵の刃から己の手を護ることは二次的なものである。 鯉口を切る上で利便であることや、刀身との重量のバランスを取ることが重要な鐔の役目である。 提供: フリー百科事典...

刀鍔 牡丹獅子図鍔 ぼたんしし 美術刀剣用

サンプロネットショップ

3,240

刀鍔 牡丹獅子図鍔 ぼたんしし 美術刀剣用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。つば 鍔 鐔・鍔(つば)は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。 日本における鐔の起源は少なくとも古墳時代まで遡ることが知られ、青銅製の「倒卵形(とうらんがた)」とよばれる鐔が、 頭椎太刀(かぶつちのたち)や環頭大刀(かんとうたち)などに附帯して各地で発掘されている。 鐔を古くは「つみは・津美波」といったが詰まって「つば」となった。 その後、日本独自の刀剣の様式が確立されていくに従い、鍔も重要な刀装部具として発展する。 日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す”刀に鍔が付くようになったのは 南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで 刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。 各種の資料や寺社の遺品からは、織豊期ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、 付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 尚、日本刀の場合、鍔の目的は刀を握った手を護る、というよりは突いた際に己の手が刃の方に滑らぬようにするためのもので、 敵の刃から己の手を護ることは二次的なものである。 鯉口を切る上で利便であることや、刀身との重量のバランスを取ることが重要な鐔の役目である。 提供: フリー百科事典...

刀鍔 武者合戦図鍔 むしゃがっせん 美術刀剣用

サンプロネットショップ

13,475

刀鍔 武者合戦図鍔 むしゃがっせん 美術刀剣用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。つば 鍔 鐔・鍔(つば)は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。 日本における鐔の起源は少なくとも古墳時代まで遡ることが知られ、青銅製の「倒卵形(とうらんがた)」とよばれる鐔が、 頭椎太刀(かぶつちのたち)や環頭大刀(かんとうたち)などに附帯して各地で発掘されている。 鐔を古くは「つみは・津美波」といったが詰まって「つば」となった。 その後、日本独自の刀剣の様式が確立されていくに従い、鍔も重要な刀装部具として発展する。 日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す”刀に鍔が付くようになったのは 南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで 刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。 各種の資料や寺社の遺品からは、織豊期ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、 付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 尚、日本刀の場合、鍔の目的は刀を握った手を護る、というよりは突いた際に己の手が刃の方に滑らぬようにするためのもので、 敵の刃から己の手を護ることは二次的なものである。 鯉口を切る上で利便であることや、刀身との重量のバランスを取ることが重要な鐔の役目である。 提供: フリー百科事典...

スポンサーリンク
スポンサーリンク