メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「剣道用品」検索結果。

剣道用品の商品検索結果全1,564件中1~60件目

剣道用垂用 ハリロン垂ネーム

CHAMP

1,620

剣道用垂用 ハリロン垂ネーム

剣道用垂用ハリロン垂ネームです。 紺色生地にハリロン生地を切り抜き、 大型の高熱圧縮式アイロンにてプレスし接着させて頂いております。 お手頃なお値段で「幼年~中学生 」に人気の垂ネーム(ゼッケン)です。 サイズは一般用の他に小学生・幼年用もございます。 書体は楷書のみとなります。 備考欄に「所属」と「名前」を御記入下さい。 例)所属:剣道会、名前:平岡 所属の文字数が5文字以上の場合は1段か2段か指定して下さい。 サイズ 一般用 約18 x 27cm 小学生・幼年用 約16 x 25cm 【垂ゼッケン・ネームに関する注意事項】 ・垂ゼッケン・ネームは受注生産商品の為、返品・交換はお受けする事が出来ません。予め御了承の上、御注文下さいませ。 ・御注文後、商品発送の前でも、製作に入った時点で御注文のキャンセル・文字内容の変更はお受け出来ません。御注文の際はサイズ・文字の確認を重ねてお願い申し上げます。 ・不良品・文字間違いにつきましては、速やかに新しい商品に交換させて頂きます。 ・一部の旧字体や文字はコンピューター内のフォントが無い為に御対応出来ない場合がございます。その場合、御連絡致します。 【剣道具・垂ゼッケン・垂ネーム】

【訳あり特別価格品】白樫 棒 6尺 (9分径)【送料お見積り致します】

CHAMP

5,400

【訳あり特別価格品】白樫 棒 6尺 (9分径)【送料お見積り致します】

【訳あり特別価格品】反りがあり、表面に目立つ凹凸が有るため特別価格 表面の凹凸は触っていただくと若干感じる程度です。 『反りや凹凸なんて気にしない』という方は是非ご検討下さい! 白樫製の6尺棒です。棒術で最も一般的な使用されるサイズです。直径はスタンダードの1寸径(約30mm)より1回り細めの9分径(約27mm)です。1寸径では少し太いと感じる方にオススメです。宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作 【白樫とは?】 シラガシは本州中南部・四国・九州に分布する、ブナ科コナラ属の常緑広葉樹で、非常に重硬で強靭な材料です。堅い素材の為、繊維が荒くササクレやすいのが唯一の難点でしょうか。木刀では一般的なものから杖・素振木刀・流派木刀と、幅広く使用されております。特に、重量があり強度に優れる為、打ち合い・素振りといった武道の実戦用に向いています。 硬度:★★★★★ 粘度:★★★★☆ 重量:★★★★☆ 打合:★★★★★ 鑑賞:★★☆☆☆ 稀少:★★★☆☆ ※上記は、店長の主観による評価です。科学的実験やデータに基づいた物ではございません。 仕様 商品名 白樫 棒 6尺 (1寸径) (しらがし ぼう 6しゃく 1すんけい) 材質 白樫製 全長 6尺 (約181.8cm) 直径 9分(約27mm) 表面仕上 ニス仕上 材料原産国 日本製 製作 日本製(宮崎県都城市) ※木製品の為、木目・色合(濃淡)・重量には個体差がございます 【送料】 ※大型商品として個別送料(2500円~)が必要となります。 ご注文後別途お見積もりのご連絡を致します。 送料無料対象外となります。

送料無料
【送料無料・送料込み】1月5日より順次出荷防具、防具袋、手ぬぐい、ネームサービス、訳あり竹刀、5mm刺毘沙門柄セット(オリジナル曙光)、アラベスクボストン両サイドポケット付

武道園

40,000

【送料無料・送料込み】1月5日より順次出荷防具、防具袋、手ぬぐい、ネームサービス、訳あり竹刀、5mm刺毘沙門柄セット(オリジナル曙光)、アラベスクボストン両サイドポケット付

商品詳細 素材 面・・・生地:5ミリ斜め刺 面金:軽合金 内輪、天地、用心垂:ビロード 胴・・・胴台:強化樹脂 30×35cm 胴渕:牛革 小手・・甲表:紺人工皮革 甲裏:シルリード 小小サイズ 垂・・・素材:紺人工皮革 サイズ 色 面サイズ・・子供~大人用 面アゴ/胸曙光・・・鉄紺刺 垂・・・・鉄紺 千鳥濃紺 サイズ選びは難しいので身長・体重・頭、手のサイズを備考欄にご記入下さい。 付属品 乳革、面紐、胴紐は付いております!! 特徴 5ミリナナメ刺しで耐久性も強く激しい稽古にも耐えます。 その他 今回この商品は、ネーム入れ無料、送料無料、手数料無料、税込み価格のスペシャルサービスセットでこのお値段になります。 お入れするネームの文字刺繍のご記入につきましては、買い物かごに入れられた後→購入手続き画面へ進み→3.お支払方法・配送方法選択画面の下の方にある※備考のところにご希望の刺繍文字とお色をご記入下さい。 お色の種類は17色で、商品メニューの刺繍の項目を参考にして下さい。 サイズもこちらにご記入下さい。 サイズが合わない場合は、1度のみ無料で交換致しますので ご連絡下さい。 測り方

単品注文用 剣道グッズ 剣道マウスパッド 名入れ ネーム 卒業記念 記念品 プレゼント 部活動 剣道 けんどう 剣道着 防具 胴着 胴  オリジナル (ネコポス可)

オリジナルグッズ専門店FUNCREATE

1,350

単品注文用 剣道グッズ 剣道マウスパッド 名入れ ネーム 卒業記念 記念品 プレゼント 部活動 剣道 けんどう 剣道着 防具 胴着 胴 オリジナル (ネコポス可)

剣道グッズにお困りではないですか?こんな時は名入れグッズです! 記念品 参加賞 道場 部活動 プレゼント 贈呈品 卒業記念 優勝記念 昇段 オーダーメイドで世界でたった一つのオリジナル剣道グッズをお作りします。ご希望のお名前、所属名を垂ネームに入れることができます。別売りで竹刀、面のチャームもあります。※ 手ぬぐい 、 小手 、 鍔 などのチャームはございません。防具袋や竹刀袋にワンポイントとして可愛いキーホルダーも発売してます。 《商品説明》 ・胴着のカラーバリエーションは6色から選択可能です。 ・胴のカラーは「黒」「赤」 の2色から選択可能です。 ・サンプル画像のように表側【垂ネーム】に文字を 入れることができます。  ・フォント、色は変えることができません。  ・文字、数字のレイアウトはサンプル画像の様になります。  文字数によって、文字のサイズが小さくなる場合があります。 ・苗字の横に小さく名前を入れたい場合は【 】を付けてください ※例 鈴木【敦】 田中【美】   ご注文手続きの備考欄にご希望の情報の入力を必ずお願い致します。 《サイズ》 タテ162mm×ヨコ204mm

刀袋 大刀用 金龍

サンプロネットショップ

2,206

刀袋 大刀用 金龍

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。「唐人剣」とは… 三国志時代の中国にて実在した中国刀剣を 史料に従い忠実に再現した美術刀剣。 刀身は亜鉛合金を使用し、重量、 寸法共に忠実に再現されております。 そんな唐人剣の専用刀袋がコチラ 画像では分かり辛いですが、 黒地に金の龍が刺繍されています。 龍は、神獣・霊獣であり、『史記』における劉邦出生伝説以来、 中国では皇帝のシンボルとして扱われ、 また、雨と水をもたらし、ひいては豊作につながるため、 成功と福運の象徴とされています。 『唐人剣』は株式会社 瀬戸金型刃物工業の登録商標です。 黄色の紐部分には、黒い糸が混ざっている事がありますが 製造過程上、やむを得ないものですので予めご了承下さい。 通常の大刀用刀袋とほぼ同じ大きさなので 唐人剣に限らず、居合刀・美術刀剣もちゃんと入ります。 その他、刀袋はコチラです。 唐人剣シリーズはコチラです。 ●商品詳細● ●商品名:大刀用 刀袋 金龍 ●サイズ:長さ…132cm 巾…13cm 紐長…50cm ●材 質:人絹、ポリエステルなど ●重 量:120~130g ■送料、配送について■ 当店通常送料 ※弊社指定の配送業者となります。 ※一部地域・離島は配達日時指定が出来ません。 ※メール便・対応! ■ご不明な点がございましたらお気軽にお尋ね下さい。

刀鍔 伊達正宗 美術刀剣用

サンプロネットショップ

1,188

刀鍔 伊達正宗 美術刀剣用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。つば 鍔 鐔・鍔(つば)は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。 日本における鐔の起源は少なくとも古墳時代まで遡ることが知られ、青銅製の「倒卵形(とうらんがた)」とよばれる鐔が、 頭椎太刀(かぶつちのたち)や環頭大刀(かんとうたち)などに附帯して各地で発掘されている。 鐔を古くは「つみは・津美波」といったが詰まって「つば」となった。 その後、日本独自の刀剣の様式が確立されていくに従い、鍔も重要な刀装部具として発展する。 日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す"刀に鍔が付くようになったのは 南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで 刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。 各種の資料や寺社の遺品からは、織豊期ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、 付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 尚、日本刀の場合、鍔の目的は刀を握った手を護る、というよりは突いた際に己の手が刃の方に滑らぬようにするためのもので、 敵の刃から己の手を護ることは二次的なものである。 鯉口を切る上で利便であることや、刀身との重量のバランスを取ることが重要な鐔の役目である。 提供: フリー百科事典...

刀鍔 豊臣秀吉 美術刀剣用

サンプロネットショップ

1,188

刀鍔 豊臣秀吉 美術刀剣用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。つば 鍔 鐔・鍔(つば)は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。 日本における鐔の起源は少なくとも古墳時代まで遡ることが知られ、青銅製の「倒卵形(とうらんがた)」とよばれる鐔が、 頭椎太刀(かぶつちのたち)や環頭大刀(かんとうたち)などに附帯して各地で発掘されている。 鐔を古くは「つみは・津美波」といったが詰まって「つば」となった。 その後、日本独自の刀剣の様式が確立されていくに従い、鍔も重要な刀装部具として発展する。 日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す"刀に鍔が付くようになったのは 南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで 刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。 各種の資料や寺社の遺品からは、織豊期ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、 付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 尚、日本刀の場合、鍔の目的は刀を握った手を護る、というよりは突いた際に己の手が刃の方に滑らぬようにするためのもので、 敵の刃から己の手を護ることは二次的なものである。 鯉口を切る上で利便であることや、刀身との重量のバランスを取ることが重要な鐔の役目である。 提供: フリー百科事典...

刀鍔 徳川家康 美術刀剣用

サンプロネットショップ

1,188

刀鍔 徳川家康 美術刀剣用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。つば 鍔 鐔・鍔(つば)は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。 日本における鐔の起源は少なくとも古墳時代まで遡ることが知られ、青銅製の「倒卵形(とうらんがた)」とよばれる鐔が、 頭椎太刀(かぶつちのたち)や環頭大刀(かんとうたち)などに附帯して各地で発掘されている。 鐔を古くは「つみは・津美波」といったが詰まって「つば」となった。 その後、日本独自の刀剣の様式が確立されていくに従い、鍔も重要な刀装部具として発展する。 日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す"刀に鍔が付くようになったのは 南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで 刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。 各種の資料や寺社の遺品からは、織豊期ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、 付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 尚、日本刀の場合、鍔の目的は刀を握った手を護る、というよりは突いた際に己の手が刃の方に滑らぬようにするためのもので、 敵の刃から己の手を護ることは二次的なものである。 鯉口を切る上で利便であることや、刀身との重量のバランスを取ることが重要な鐔の役目である。 提供: フリー百科事典...

送料無料
刀袋 合皮製 居合刀袋 二本用

サンプロネットショップ

12,960

刀袋 合皮製 居合刀袋 二本用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。居合道(いあいどう) 林崎甚助によって創始された武術である抜刀術(※1)・居合を武道としたものである。 日本刀を用い、抜刀から納刀、および諸作法を通し技能の修練のみならず 人格の涵養なども含めた各自による自己修練のこと。 現在、座った状態で、鞘から刀剣を抜き放ち、さらに納刀に至るまでをも含めた技術を、 一つの独立した武道と成している国は、全世界でも日本のみで、 実は非常に稀有なものである。 居合の能力 江戸時代から、本当に剣術に対抗できるのか、存在意義はあるのか、 といった論争がある。 「身に着けないよりは身に着けておいたほうが良い」と言ったものから、 「居合は近間の飛び道具(のように恐ろしいもの)である」といった高い評価まで 各種の論がある。 しかし、剣術と居合は全くの別の物である。 剣術は実際の戦闘を想 定して稽古(試合等)するが、 古流居合は主に座した状態から 相手に襲われる時の反撃、または襲う事を想定している。 居合の初撃・発剣(抜き打ち・抜き附けなど)には かなりの速度があり伸びもあるのだが、 片手打ちであるためどうしても諸手の威力には敵わない。 護身用・危機回避のための技術であり、 積極的に使うものではないと考える流派が多い。 尚、居合の理合いには「鞘の中の勝」というものがあり、 「刀を抜かず して勝つ」という意味である。...

送料無料
刀袋 合皮製 居合刀袋 一本用

サンプロネットショップ

7,452

刀袋 合皮製 居合刀袋 一本用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。居合道(いあいどう) 林崎甚助によって創始された武術である抜刀術(※1)・居合を武道としたものである。 日本刀を用い、抜刀から納刀、および諸作法を通し技能の修練のみならず 人格の涵養なども含めた各自による自己修練のこと。 現在、座った状態で、鞘から刀剣を抜き放ち、さらに納刀に至るまでをも含めた技術を、 一つの独立した武道と成している国は、全世界でも日本のみで、 実は非常に稀有なものである。 居合の能力 江戸時代から、本当に剣術に対抗できるのか、存在意義はあるのか、 といった論争がある。 「身に着けないよりは身に着けておいたほうが良い」と言ったものから、 「居合は近間の飛び道具(のように恐ろしいもの)である」といった高い評価まで 各種の論がある。 しかし、剣術と居合は全くの別の物である。 剣術は実際の戦闘を想 定して稽古(試合等)するが、 古流居合は主に座した状態から 相手に襲われる時の反撃、または襲う事を想定している。 居合の初撃・発剣(抜き打ち・抜き附けなど)には かなりの速度があり伸びもあるのだが、 片手打ちであるためどうしても諸手の威力には敵わない。 護身用・危機回避のための技術であり、 積極的に使うものではないと考える流派が多い。 尚、居合の理合いには「鞘の中の勝」というものがあり、 「刀を抜かず して勝つ」という意味である。...

刀鍔 牡丹獅子図鍔 ぼたんしし 美術刀剣用

サンプロネットショップ

3,240

刀鍔 牡丹獅子図鍔 ぼたんしし 美術刀剣用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。つば 鍔 鐔・鍔(つば)は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。 日本における鐔の起源は少なくとも古墳時代まで遡ることが知られ、青銅製の「倒卵形(とうらんがた)」とよばれる鐔が、 頭椎太刀(かぶつちのたち)や環頭大刀(かんとうたち)などに附帯して各地で発掘されている。 鐔を古くは「つみは・津美波」といったが詰まって「つば」となった。 その後、日本独自の刀剣の様式が確立されていくに従い、鍔も重要な刀装部具として発展する。 日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す"刀に鍔が付くようになったのは 南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで 刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。 各種の資料や寺社の遺品からは、織豊期ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、 付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 尚、日本刀の場合、鍔の目的は刀を握った手を護る、というよりは突いた際に己の手が刃の方に滑らぬようにするためのもので、 敵の刃から己の手を護ることは二次的なものである。 鯉口を切る上で利便であることや、刀身との重量のバランスを取ることが重要な鐔の役目である。 提供: フリー百科事典...

刀鍔 武者合戦図鍔 むしゃがっせん 美術刀剣用

サンプロネットショップ

13,475

刀鍔 武者合戦図鍔 むしゃがっせん 美術刀剣用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。つば 鍔 鐔・鍔(つば)は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。 日本における鐔の起源は少なくとも古墳時代まで遡ることが知られ、青銅製の「倒卵形(とうらんがた)」とよばれる鐔が、 頭椎太刀(かぶつちのたち)や環頭大刀(かんとうたち)などに附帯して各地で発掘されている。 鐔を古くは「つみは・津美波」といったが詰まって「つば」となった。 その後、日本独自の刀剣の様式が確立されていくに従い、鍔も重要な刀装部具として発展する。 日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す"刀に鍔が付くようになったのは 南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで 刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。 各種の資料や寺社の遺品からは、織豊期ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、 付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 尚、日本刀の場合、鍔の目的は刀を握った手を護る、というよりは突いた際に己の手が刃の方に滑らぬようにするためのもので、 敵の刃から己の手を護ることは二次的なものである。 鯉口を切る上で利便であることや、刀身との重量のバランスを取ることが重要な鐔の役目である。 提供: フリー百科事典...

スポンサーリンク
スポンサーリンク