メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「剣道木刀」検索結果。

剣道木刀の商品検索結果全859件中1~60件目

赤樫 警視流木刀

CHAMP

5,670

赤樫 警視流木刀

赤樫製の警視流木刀です。警視流木刀の主な特徴は通常の木刀と比べます重ねが厚く、反りが浅くなっております。また、通常の木刀と全長は同じですが刀身と柄の比率は、刀身が短く、柄が長くなっております。太く、重量があるので激しい打ち合いの稽古や素振りに適しております。十分に乾燥させた国産の材料のみを使用し、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。 【警視流とは?】 明治初期に警視庁武術世話役の出身流派がまちまちな状況で指導が困難な状況を打破するため、それらの流派を統一するために制定されたのが警視流です。当時は木太刀形(剣術形)・立居合・柔術(警視拳法)からなっていましたが、現在の警視庁では木太刀形のみが伝承されています。 【赤樫とは?】 本来、赤樫と呼ばれる材料は、現在、非常に希少な為、近い種のイチイ樫が一般的に赤樫として使用されています。 本来の赤樫は本赤樫と言う名で区別され、一部の高級木刀の材料に用いられております。 イチイガシは本州中南部・四国・九州に分布する、ブナ科コナラ属の常緑広葉樹で、重硬で強靭な材料です。 堅い素材の為、繊維が荒くササクレやすいのが唯一の難点でしょうか。木刀では一般的なものから杖・素振木刀・流派木刀と一番、幅広く使用されております。打ち合い・素振りといった武道全般に向いています。 硬度:★★★★☆ 粘度:★★★☆☆ 重量:★★★☆☆ 打合:★★★★☆ 鑑賞:★★☆☆☆ 稀少:★★☆☆☆ ※上記は、店長の主観による評価です。科学的実験やデータに基づいた物ではございません。 仕様 商品名 赤樫 警視流木刀 (あかがし けいしりゅうぼくとう) 材質 赤樫製 (イチイ樫) 全長 101.5cm 刀身の長さ 約73cm 柄の長さ 約28.5cm 柄の直径 約40 x 30mm 柄形状...

白樫 特製木刀 小刀

CHAMP

2,073

白樫 特製木刀 小刀

通常の白樫材の中から、さらに品質が良く、木目が整っている物のみを厳選し、峯は剣峯、柄頭は半丸加工を施した高級仕様の白樫木刀小刀です。十分に乾燥させた国産の材料のみを使用し、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。 堅さ・粘り共に優れておりますので、剣道形・打ち合い・素振りにと万能型の木刀です。 鍔・鍔止めは別売りです。 【白樫とは?】 シラガシは本州中南部・四国・九州に分布する、ブナ科コナラ属の常緑広葉樹で、非常に重硬で強靭な材料です。堅い素材の為、繊維が荒くササクレやすいのが唯一の難点でしょうか。木刀では一般的なものから杖・素振木刀・流派木刀と、幅広く使用されております。特に、重量があり強度に優れる為、打ち合い・素振りといった武道の実戦用に向いています。 硬度:★★★★★ 粘度:★★★★☆ 重量:★★★★☆ 打合:★★★★★ 鑑賞:★★★☆☆ 稀少:★★★★☆ ※上記は、店長の主観による評価です。科学的実験やデータに基づいた物ではございません。 仕様 商品名 白樫 特製木刀 小刀 (しらがし とくせい ぼくとう しょうとう) 材質 白樫製 全長 54.5cm 刀身の長さ 41cm 柄の長さ 13.5cm 柄の直径 約35 x 25mm 重量 約280g 峯の形状 剣峯 柄頭 半丸加工 表面仕上 ニス仕上 材料原産国 日本製 製作 日本製(宮崎県都城市) ※木製品の為、木目・色合(濃淡)・重量には個体差がございます

赤樫 示現流木刀

CHAMP

5,108

赤樫 示現流木刀

赤樫製の示現流木刀です。示現流木刀の主な特徴は通常の木刀と比べますと刀身部分は一回り太く反りが浅いのが特徴です。その為、示現流の激しい稽古でも御利用頂けます。十分に乾燥させた国産の材料のみを使用し、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。 【示現流とは?】 始祖は常陸の国の十瀬長宗。安土桃山時代に入ってその孫弟子が出家して京都天寧寺に入って善吉和尚と号した。そして、そこで豊臣秀吉の聚楽第造営の為に上洛していた島津義久に同行していた東郷重位に会い、天正真自顕流を授けた。東郷重位は薩摩に帰国し、更に修行して一流を開き、法華経中の「示現神通力」から示現流と名乗った。 彼は薩摩において主流であったタイ捨流を打ち破り、示現流の地位を確固たる物にした。また、彼は碁盤切りのエピソードでも有名である。碁盤は盤面が平滑で刀身ははじき返されることが多く、更に粘りのある材質のため断ち切ることが難しいのだが、重位は見事両断し更に畳とその下の床板までも貫く威力を示した。この流派はその強力さ故に代々薩摩藩の門外不出の剣術とされており、他藩の者はこれを学ぶ事が出来ませんでした。 示現流の特徴はその初太刀にあります。「一の太刀を疑わず」、または「二の太刀要らず」と云われ、稽古においては柞(イス)の丸木を蜻蛉の構え(右側頭部に剣を突き上げる型)から猿叫と呼ばれる独特な掛け声で立木に向かって左、右と斬る事を何度と無く繰り返します。練磨に習熟すると、一太刀の斬撃のみで二の太刀を振るうことなく敵を倒すことができるといいます。攻撃すなわち防御となり幕末に大いに活躍し、諸藩からは「示現流は初太刀をはずせ」とまで呼ばれ恐れられました。 門弟は薩摩藩上級武士で、幕末においては「桜田門外の変」に参加した有村次左衛門がいます、新選組においては...

白樫 佐々木小次郎木刀

CHAMP

11,912

白樫 佐々木小次郎木刀

白樫製の佐々木小次郎写し木刀です。佐々木小次郎写し木刀の主な特徴は、やはり「物干し竿」と称される約128cmの長さにあります。素振用に人気がございます。十分に乾燥させた国産の材料のみを使用し、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。 【佐々木小次郎写しとは?】 佐々木小次郎といえば「剣聖」宮本武蔵の対極の存在で、3尺の刀身を自在に操り秘儀燕返しを編み出したと言われる剣士。小説や映画でもクールに描写されており、巌流島での決闘で散るまでの生き様は、武蔵同様多くのファンの心を魅了しています。その小次郎の代名詞で「物干し竿」と称される長剣を素振木刀として見事に復刻。素振用木刀としてはもちろんのこと、装飾用としても見栄えする商品です。 【白樫とは?】 シラガシは本州中南部・四国・九州に分布する、ブナ科コナラ属の常緑広葉樹で、非常に重硬で強靭な材料です。堅い素材の為、繊維が荒くササクレやすいのが唯一の難点でしょうか。木刀では一般的なものから杖・素振木刀・流派木刀と、幅広く使用されております。特に、重量があり強度に優れる為、打ち合い・素振りといった武道の実戦用に向いています。 硬度:★★★★★ 粘度:★★★★☆ 重量:★★★★☆ 打合:★★★★★ 鑑賞:★★☆☆☆ 稀少:★★★☆☆ ※上記は、店長の主観による評価です。科学的実験やデータに基づいた物ではございません。 仕様 商品名 白樫 佐々木小次郎木刀 (しらがし ささきこじろうぼくとう) 材質 白樫製 全長 128cm 刀身の長さ 約97cm 柄の長さ 約31cm 柄の直径 約39 x 28mm 柄形状 楕円径 柄段差 略式(刀身と柄の間の段差無し) 重量 約930g 峯の形状 平峯 表面仕上 ニス仕上 材料原産国 日本製 製作 日本製(宮崎県都城市) ...

【国産木刀】赤樫 柳生流木刀

Amazon

2,700

【国産木刀】赤樫 柳生流木刀

赤樫製の柳生流木刀です。柳生流木刀の主な特徴は通常の木刀と比べますと非常に細身で軽い木刀という事です。柳生流の方以外では、軽いので女性や子供、高齢の方等、体力のない方に向いております。また、舞台や殺陣の稽古等にも良く利用されます。十分に乾燥させた国産の材料のみを使用し、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。 柳生宗厳の子但馬守宗矩は徳川幕府に仕えて将軍秀忠及び家光の指南役として1万2千5百石の大名となった。但し、宗厳は己の出世の為に柳生新影流を利用した宗矩を嫌い、柳生新影流の正伝は宗矩の兄勝厳の子兵庫助に伝えられている。兵庫助は尾張徳川家に召し抱えられ、尾張柳生流を開いた。以来、徳川家の御指南役として代々剣術を伝えた。柳生流の門弟は主に幕臣だが、諸藩にも分布しているので、諸藩上士にも人気がある。柳生流の剣士は、皆履刀の鍔元に紫縮緬の布切れを付けていた。これは、柳生流の剣士は人と斬り合いに成っても必ず勝つので、人を斬った血を拭うために予め布を持っているのだといわれている。幕末に於ける主な門弟には、新選組平同士で尾張柳生流免許皆伝者佐野七五三之助、寺田屋で死亡した薩摩藩士有馬新七、奇兵隊総督高杉晋作等がいる。

イス 特製木刀 大刀

CHAMP

5,389

イス 特製木刀 大刀

通常のイス材の中から、さらに品質が良く、木目が整っている物のみを厳選し、峯は剣峯、柄頭は半丸加工を施した高級仕様のイス木刀大刀です。キメの細かい木肌と温かい味のある色で高級感がある上に堅さ・粘りも強く幅広い層より支持を得ています。十分に乾燥させた材料のみを、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。 鍔・鍔止めは別売りです。 【イスとは?】 正式には「イスノキ(柞の木)」という名称です。 イスノキとは本州南部・四国・九州・沖縄に分布する、マンサク科イスノキ属の広葉樹で、非常に重硬で緻密な肌目が特徴です。またその美しい色合いは薄いクリーム色からスヌケに近い濃いチョコレート色まで濃淡の幅が一番広い材料です。強度面では樫よりも堅く、国産の材料の中では一番、堅い素材とも言われております。薬丸自顕流・野太刀自顕流・示現流でよく使用されるのでも有名です。近年、希少化が進んでおり、中でも、その芯材のスヌケは非常に貴重で、贈答用等の高級品木刀に使用されています。また、イスノキは「結寿(ゆす)の木」とも呼ばれ縁起物としても古くより愛されて木刀はもとより色々な木工品に加工されています。 硬度:★★★★★ 粘度:★★★★☆ 重量:★★★★☆ 打合:★★★★☆ 鑑賞:★★★★☆ 稀少:★★★★☆ ※上記は、店長の主観による評価です。科学的実験やデータに基づいた物ではございません。 仕様 商品名 イス 特製木刀 大刀 (いす とくせい ぼくとう だいとう) 材質 イスノキ製 (柞の木) 全長 101.5cm 刀身の長さ 75.5cm 柄の長さ 26cm 柄の直径 約37 x 27mm 重量 約500〜550g 峯の形状 剣峯 柄頭 半丸加工 表面仕上 ニス仕上 材料原産国 日本製 製作 日本製(宮崎県都城市) ※木製品の為...

椿 木刀 小刀

CHAMP

9,925

椿 木刀 小刀

美しい淡い肌色の色調に肌理細やかな木目、そして、その堅さと強い粘りで人気の高い椿製木刀の小刀です。十分に乾燥させた材料のみを、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。武道用のみでなく、観賞用・贈答用に大変人気の高い木刀です。 鍔・鍔止めは別売りです。 【椿とは?】 ツバキとは本州・四国・九州に分布する、ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹です。椿は古来より、その材は家具、食器、工具、武具、薪炭材等のくらしの道具に使用され、実から採れる椿油は、食用、灯用、化粧用、医薬品として長い間用いられてきました。椿材は堅く緻密、且つ均質で粘りがあり、摩耗に強くて摩り減り難いのが特徴です。またそ、木肌の細かさと美しい質感は武道用のみならず、鑑賞用・贈答用としても好まれております。 硬度:★★★★☆ 粘度:★★★★☆ 重量:★★★☆☆ 打合:★★★★☆ 鑑賞:★★★★☆ 稀少:★★★★☆ ※上記は、店長の主観による評価です。科学的実験やデータに基づいた物ではございません。 仕様 商品名 椿 木刀 小刀 (つばき ぼくとう しょうとう) 材質 ツバキ製 全長 54.5cm 刀身の長さ 41cm 柄の長さ 13.5cm 柄の直径 約35 x 25mm 重量 約250g 峯の形状 剣峯 柄頭 半丸加工 表面仕上 ニス仕上 材料原産国 日本製 製作 日本製(宮崎県都城市) ※木製品の為、木目・色合(濃淡)・重量には個体差がございます

【国産木刀】白樫 直心影流薙刀 大刀

Amazon

3,132

【国産木刀】白樫 直心影流薙刀 大刀

直心影流薙刀術用の白樫製大刀です。主な特徴は細身で軽いのが特徴です。柳生流木刀に似ています。十分に乾燥させた国産の材料のみを使用し、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。 薙刀は日本古来の伝統的な武器のひとつで、太刀よりも応用が利くため多数の敵を相手とする合戦や弓矢を持った馬上の兵士や馬の足に対してなぎ払う武器として威力を発揮しました。しかし江戸時代に幕府が武士の薙刀所持を禁止した為、日本国内では特に女性の武道となり現在では「なぎなた」として剣道や杖道と同様に全国に普及し世界大会も行われています。海外では男性に人気があります。 直心影流剣術と柳影流薙刀術を学んだ佐竹義文(鑑柳斎)が直心柳影流という流派を開いたのが元である。 それが、「柳」の字が省かれ直心影流薙刀術となりました。直心影流薙刀術の特徴は、攻守兼ね備えた小脇の構え、水車・風車といった車返しの技です。自然現象の中に流れる力の動きをその中に取り入れ、最小の力で相手を制するという華麗にして勇壮な操法です。刃で薙ぎ切り、柄で受け止め、石突きで突くなど、敵の動きに応じ、臨機応変に左右に開きつつ、脛・面・甲手・胴・咽喉などを狙います。

イス 特製木刀 小刀

CHAMP

2,840

イス 特製木刀 小刀

通常のイス材の中から、さらに品質が良く、木目が整っている物のみを厳選し、峯は剣峯、柄頭は半丸加工を施した高級仕様のイス木刀小刀です。キメの細かい木肌と温かい味のある色で高級感がある上に堅さ・粘りも強く幅広い層より支持を得ています。十分に乾燥させた材料のみを、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。 鍔・鍔止めは別売りです。 【イスとは?】 正式には「イスノキ(柞の木)」という名称です。 イスノキとは本州南部・四国・九州・沖縄に分布する、マンサク科イスノキ属の広葉樹で、非常に重硬で緻密な肌目が特徴です。またその美しい色合いは薄いクリーム色からスヌケに近い濃いチョコレート色まで濃淡の幅が一番広い材料です。強度面では樫よりも堅く、国産の材料の中では一番、堅い素材とも言われております。薬丸自顕流・野太刀自顕流・示現流でよく使用されるのでも有名です。近年、希少化が進んでおり、中でも、その芯材のスヌケは非常に貴重で、贈答用等の高級品木刀に使用されています。また、イスノキは「結寿(ゆす)の木」とも呼ばれ縁起物としても古くより愛されて木刀はもとより色々な木工品に加工されています。 硬度:★★★★★ 粘度:★★★★☆ 重量:★★★★☆ 打合:★★★★☆ 鑑賞:★★★★☆ 稀少:★★★★☆ ※上記は、店長の主観による評価です。科学的実験やデータに基づいた物ではございません。 仕様 商品名 イス 特製木刀 小刀 (いす とくせい ぼくとう しょうとう) 材質 イスノキ製 (柞の木) 全長 54.5cm 刀身の長さ 41cm 柄の長さ 13.5cm 柄の直径 約35 x 25mm 重量 約260〜280g 峯の形状 剣峯 柄頭 半丸加工 表面仕上 ニス仕上 材料原産国 日本製 製作 日本製(宮崎県都城市) ※木製品の為...

【国産木刀】白樫 直心影流薙刀 短刀

Amazon

1,425

【国産木刀】白樫 直心影流薙刀 短刀

直心影流薙刀術用の白樫製短刀です。主な特徴は細身で軽いのが特徴です。柳生流木刀に似ています。十分に乾燥させた国産の材料のみを使用し、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。 薙刀は日本古来の伝統的な武器のひとつで、太刀よりも応用が利くため多数の敵を相手とする合戦や弓矢を持った馬上の兵士や馬の足に対してなぎ払う武器として威力を発揮しました。しかし江戸時代に幕府が武士の薙刀所持を禁止した為、日本国内では特に女性の武道となり現在では「なぎなた」として剣道や杖道と同様に全国に普及し世界大会も行われています。海外では男性に人気があります。 直心影流剣術と柳影流薙刀術を学んだ佐竹義文(鑑柳斎)が直心柳影流という流派を開いたのが元である。 それが、「柳」の字が省かれ直心影流薙刀術となりました。直心影流薙刀術の特徴は、攻守兼ね備えた小脇の構え、水車・風車といった車返しの技です。自然現象の中に流れる力の動きをその中に取り入れ、最小の力で相手を制するという華麗にして勇壮な操法です。刃で薙ぎ切り、柄で受け止め、石突きで突くなど、敵の動きに応じ、臨機応変に左右に開きつつ、脛・面・甲手・胴・咽喉などを狙います。

【日本刀より重い 水に沈む木刀】奥武蔵 櫂型 じっくり鍛錬する方にお勧め 素振り用木刀

Amazon

6,980

【日本刀より重い 水に沈む木刀】奥武蔵 櫂型 じっくり鍛錬する方にお勧め 素振り用木刀

▼実際の鍛錬方法 ①重さの確認 まずは手にとって重さを確認して下さい。ご自身にとってどのくらいの重さなのかを実感することが大切です。 ②構える しっかりと持ち手を握り、構えて見て下さい。構えるだけで、上腕にグッと力がこもるのがわかると思います。 ③ゆっくりと着実に始める ゆっくりと小さく振ってみて、体にかかる負荷を確認して下さい。少し振ってみることで、腕だけではなく、背筋や、腹筋に負荷がかかるのが実感出来ると思います。少し膝を曲げると腰にかかる負荷を軽減され、腹筋と背筋を効率よく鍛えることができます。 ④継続する そのまま回数をこなして、重さに身体を慣らして下さい。決して無理をせず、焦らず着実に鍛錬を重ねましょう。 ⑤負荷をコントロールする 重さに慣れてきたところで少しずつ動作を大きく、少しずつ振るスピードをあげて下さい。※重心が刃先にあるので、スピードをあげると負荷が急増します。くれぐれもご注意下さい。 ⑥成長の実感 振れないものを振れるようになる、思うように扱えなかったものが思い通りに扱えるようになることで、成長を実感して頂けると思います。 ▼製品仕様 重さ:1.65kg サイズ:115 x 2-2.5 x 4-6cm 持ち手の周囲:11cm 持ち手の長さ:34cm ※素材には天然木を使用しているため、寸法に誤差が発生しますことを予めご了承下さい。 販売元:株式会社さくらドーム

スヌケ 特製木刀 小刀

CHAMP

11,340

スヌケ 特製木刀 小刀

南九州特有の珍木、イスノキの数百年を経た濃い茶色をした芯材「スヌケ」製の木刀です。十分に乾燥させた材料のみを、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。 その重量感と美しく個性的な木目、無着色磨き仕上げによる滑らかな独特な木肌本来の感触は、もはや武道具というより芸術品です。観賞用・贈答用に最適です。また硬度・重量に優れておりますので素振り用としても大変、人気がございます。 店長お奨め度、NO.1です!! 鍔・鍔止めは別売りです。 【スヌケとは?】 スヌケとは樹齢約250〜400年の「イスノキ(柞の木)」(本州南部・四国・九州・沖縄に分布する、マンサク科イスノキ属の広葉樹)という木の芯材です。イスノキは辺材は淡いクリーム色から茶色をしているのですが、芯材のスヌケ部分ははチョコレートのような濃い焦げ茶色をしております。スヌケ材は非常に強度・重量に優れております。硬度・重量においては国産材最強といえます。ただし、堅い反面、粘りがない為、割れたり折れやすく、打ち合いや実戦には向きません。また、独特な絵画のような木目は贈答用等の高級品木刀として黒檀と並んで非常に人気があります。樹齢が高い物ほど貴重で高価になっております。近年、著しく希少化が進んでおり、本枇杷材と共に、やがては手に入らなくなると言われております。 硬度:★★★★★ 粘度:★★☆☆☆ 重量:★★★★★ 打合:★☆☆☆☆ 鑑賞:★★★★★ 稀少:★★★★★ ※上記は、店長の主観による評価です。科学的実験やデータに基づいた物ではございません。 仕様 商品名 スヌケ 特製木刀 小刀 (すぬけ とくせいぼくとう しょうとう) 材質 スヌケ製(樹齢約250〜300年) 全長 54.5cm 刀身の長さ 41cm 柄の長さ 13.5cm 柄の直径 約35 x...

【国産木刀】赤樫 直心影流薙刀 大刀

Amazon

2,592

【国産木刀】赤樫 直心影流薙刀 大刀

直心影流薙刀術用の赤樫製大刀です。主な特徴は細身で軽いのが特徴です。柳生流木刀に似ています。十分に乾燥させた国産の材料のみを使用し、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。 薙刀は日本古来の伝統的な武器のひとつで、太刀よりも応用が利くため多数の敵を相手とする合戦や弓矢を持った馬上の兵士や馬の足に対してなぎ払う武器として威力を発揮しました。しかし江戸時代に幕府が武士の薙刀所持を禁止した為、日本国内では特に女性の武道となり現在では「なぎなた」として剣道や杖道と同様に全国に普及し世界大会も行われています。海外では男性に人気があります。 直心影流剣術と柳影流薙刀術を学んだ佐竹義文(鑑柳斎)が直心柳影流という流派を開いたのが元である。 それが、「柳」の字が省かれ直心影流薙刀術となりました。直心影流薙刀術の特徴は、攻守兼ね備えた小脇の構え、水車・風車といった車返しの技です。自然現象の中に流れる力の動きをその中に取り入れ、最小の力で相手を制するという華麗にして勇壮な操法です。刃で薙ぎ切り、柄で受け止め、石突きで突くなど、敵の動きに応じ、臨機応変に左右に開きつつ、脛・面・甲手・胴・咽喉などを狙います。

白樫 示現流木刀

CHAMP

5,961

白樫 示現流木刀

白樫製の示現流木刀です。示現流木刀の主な特徴は通常の木刀と比べますと刀身部分は一回り太く反りが浅いのが特徴です。その為、示現流の激しい稽古でも御利用頂けます。十分に乾燥させた国産の材料のみを使用し、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。 【示現流とは?】 始祖は常陸の国の十瀬長宗。安土桃山時代に入ってその孫弟子が出家して京都天寧寺に入って善吉和尚と号した。そして、そこで豊臣秀吉の聚楽第造営の為に上洛していた島津義久に同行していた東郷重位に会い、天正真自顕流を授けた。東郷重位は薩摩に帰国し、更に修行して一流を開き、法華経中の「示現神通力」から示現流と名乗った。 彼は薩摩において主流であったタイ捨流を打ち破り、示現流の地位を確固たる物にした。また、彼は碁盤切りのエピソードでも有名である。碁盤は盤面が平滑で刀身ははじき返されることが多く、更に粘りのある材質のため断ち切ることが難しいのだが、重位は見事両断し更に畳とその下の床板までも貫く威力を示した。この流派はその強力さ故に代々薩摩藩の門外不出の剣術とされており、他藩の者はこれを学ぶ事が出来ませんでした。 示現流の特徴はその初太刀にあります。「一の太刀を疑わず」、または「二の太刀要らず」と云われ、稽古においては柞(イス)の丸木を蜻蛉の構え(右側頭部に剣を突き上げる型)から猿叫と呼ばれる独特な掛け声で立木に向かって左、右と斬る事を何度と無く繰り返します。練磨に習熟すると、一太刀の斬撃のみで二の太刀を振るうことなく敵を倒すことができるといいます。攻撃すなわち防御となり幕末に大いに活躍し、諸藩からは「示現流は初太刀をはずせ」とまで呼ばれ恐れられました。 門弟は薩摩藩上級武士で、幕末においては「桜田門外の変」に参加した有村次左衛門がいます、新選組においては...

【国産木刀】赤樫 直心影流薙刀 短刀

Amazon

1,134

【国産木刀】赤樫 直心影流薙刀 短刀

直心影流薙刀術用の赤樫製短刀です。主な特徴は細身で軽いのが特徴です。柳生流木刀に似ています。十分に乾燥させた国産の材料のみを使用し、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。 薙刀は日本古来の伝統的な武器のひとつで、太刀よりも応用が利くため多数の敵を相手とする合戦や弓矢を持った馬上の兵士や馬の足に対してなぎ払う武器として威力を発揮しました。しかし江戸時代に幕府が武士の薙刀所持を禁止した為、日本国内では特に女性の武道となり現在では「なぎなた」として剣道や杖道と同様に全国に普及し世界大会も行われています。海外では男性に人気があります。 直心影流剣術と柳影流薙刀術を学んだ佐竹義文(鑑柳斎)が直心柳影流という流派を開いたのが元である。 それが、「柳」の字が省かれ直心影流薙刀術となりました。直心影流薙刀術の特徴は、攻守兼ね備えた小脇の構え、水車・風車といった車返しの技です。自然現象の中に流れる力の動きをその中に取り入れ、最小の力で相手を制するという華麗にして勇壮な操法です。刃で薙ぎ切り、柄で受け止め、石突きで突くなど、敵の動きに応じ、臨機応変に左右に開きつつ、脛・面・甲手・胴・咽喉などを狙います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク