メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「剣道のつば」検索結果。

剣道のつばの商品検索結果全176件中1~60件目

文字彫り《革ツバの文字入れ・20文字以内》【剣道 剣道具 革つば 革鍔 皮ツバ 皮つば 皮鍔】

カタギリ武道具

1,296

文字彫り《革ツバの文字入れ・20文字以内》【剣道 剣道具 革つば 革鍔 皮ツバ 皮つば 皮鍔】

『剣道・竹刀・仕組・仕組み・革鍔・銘彫り・銘掘り・文字堀り・文字入れ・名前彫り・名前掘り・名前入れ』 ★ご注文いただきました革ツバに文字をお入れします★ ○ 名前や学校名等、好みの文字何でもお入れできます! ○お入れする場所は上記写真の様にツバの上&下部分です。(上下各10文字以内、計20文字までお入れ出来ます。) ○レーザー機による綺麗な文字! ○名前や文字彫りで 紛失防止にもなります! ○文字の大きさは当社にてバランス良くお入れ致します。(文字数が多くなると少し小さめになります。) ○書体は上記写真よりお選び下さい。 ☆あなただけのオリジナル革ツバ!☆ ※注意※ こちらは文字彫りの商品ページですので革ツバは付いておりません。 ご注文の場合は下記の[5mm革ツバ][7mm革ツバ]を合わせてご注文下さい。 ●こちらの文字彫りのみのご注文は出来ませんのでお気をつけ下さい。 >>5mm革ツバ >>7mm革ツバ ○お入れする文字につきましては【ご注文手続きへ】に進んだ後に出てくる備考欄にご記入下さい。【必須】(現在のこのページには記載箇所はございません。) ※尚、文字彫りを行った商品の返品交換は致しかねますのでご了承下さい。★ご注文の革つばに文字をお入れします。20文字以内★☆レーザー機による綺麗な文字入れ☆ >>5mm革ツバ >>7mm革ツバ

刀鍔 牡丹獅子図鍔 ぼたんしし 美術刀剣用

サンプロネットショップ

3,240

刀鍔 牡丹獅子図鍔 ぼたんしし 美術刀剣用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。つば 鍔 鐔・鍔(つば)は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。 日本における鐔の起源は少なくとも古墳時代まで遡ることが知られ、青銅製の「倒卵形(とうらんがた)」とよばれる鐔が、 頭椎太刀(かぶつちのたち)や環頭大刀(かんとうたち)などに附帯して各地で発掘されている。 鐔を古くは「つみは・津美波」といったが詰まって「つば」となった。 その後、日本独自の刀剣の様式が確立されていくに従い、鍔も重要な刀装部具として発展する。 日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す”刀に鍔が付くようになったのは 南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで 刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。 各種の資料や寺社の遺品からは、織豊期ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、 付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 尚、日本刀の場合、鍔の目的は刀を握った手を護る、というよりは突いた際に己の手が刃の方に滑らぬようにするためのもので、 敵の刃から己の手を護ることは二次的なものである。 鯉口を切る上で利便であることや、刀身との重量のバランスを取ることが重要な鐔の役目である。 提供: フリー百科事典...

刀鍔 伊達正宗 美術刀剣用

サンプロネットショップ

1,188

刀鍔 伊達正宗 美術刀剣用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。つば 鍔 鐔・鍔(つば)は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。 日本における鐔の起源は少なくとも古墳時代まで遡ることが知られ、青銅製の「倒卵形(とうらんがた)」とよばれる鐔が、 頭椎太刀(かぶつちのたち)や環頭大刀(かんとうたち)などに附帯して各地で発掘されている。 鐔を古くは「つみは・津美波」といったが詰まって「つば」となった。 その後、日本独自の刀剣の様式が確立されていくに従い、鍔も重要な刀装部具として発展する。 日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す”刀に鍔が付くようになったのは 南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで 刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。 各種の資料や寺社の遺品からは、織豊期ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、 付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 尚、日本刀の場合、鍔の目的は刀を握った手を護る、というよりは突いた際に己の手が刃の方に滑らぬようにするためのもので、 敵の刃から己の手を護ることは二次的なものである。 鯉口を切る上で利便であることや、刀身との重量のバランスを取ることが重要な鐔の役目である。 提供: フリー百科事典...

刀鍔 武者合戦図鍔 むしゃがっせん 美術刀剣用

サンプロネットショップ

13,475

刀鍔 武者合戦図鍔 むしゃがっせん 美術刀剣用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。つば 鍔 鐔・鍔(つば)は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。 日本における鐔の起源は少なくとも古墳時代まで遡ることが知られ、青銅製の「倒卵形(とうらんがた)」とよばれる鐔が、 頭椎太刀(かぶつちのたち)や環頭大刀(かんとうたち)などに附帯して各地で発掘されている。 鐔を古くは「つみは・津美波」といったが詰まって「つば」となった。 その後、日本独自の刀剣の様式が確立されていくに従い、鍔も重要な刀装部具として発展する。 日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す”刀に鍔が付くようになったのは 南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで 刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。 各種の資料や寺社の遺品からは、織豊期ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、 付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 尚、日本刀の場合、鍔の目的は刀を握った手を護る、というよりは突いた際に己の手が刃の方に滑らぬようにするためのもので、 敵の刃から己の手を護ることは二次的なものである。 鯉口を切る上で利便であることや、刀身との重量のバランスを取ることが重要な鐔の役目である。 提供: フリー百科事典...

刀鍔 徳川家康 美術刀剣用

サンプロネットショップ

1,188

刀鍔 徳川家康 美術刀剣用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。つば 鍔 鐔・鍔(つば)は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。 日本における鐔の起源は少なくとも古墳時代まで遡ることが知られ、青銅製の「倒卵形(とうらんがた)」とよばれる鐔が、 頭椎太刀(かぶつちのたち)や環頭大刀(かんとうたち)などに附帯して各地で発掘されている。 鐔を古くは「つみは・津美波」といったが詰まって「つば」となった。 その後、日本独自の刀剣の様式が確立されていくに従い、鍔も重要な刀装部具として発展する。 日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す”刀に鍔が付くようになったのは 南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで 刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。 各種の資料や寺社の遺品からは、織豊期ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、 付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 尚、日本刀の場合、鍔の目的は刀を握った手を護る、というよりは突いた際に己の手が刃の方に滑らぬようにするためのもので、 敵の刃から己の手を護ることは二次的なものである。 鯉口を切る上で利便であることや、刀身との重量のバランスを取ることが重要な鐔の役目である。 提供: フリー百科事典...

刀鍔 豊臣秀吉 美術刀剣用

サンプロネットショップ

1,188

刀鍔 豊臣秀吉 美術刀剣用

■商品在庫に関しまして■●本商品はメーカー代理店からの取り寄せ品になります。●ご注文のタイミングによっては代理店側在庫切れになる場合もございますので何卒ご了承下さいませ。■免責事項●お使いのモニターによっては、実際の色と異なって見える場合がございます。●メーカー生産の都合や改良等により、デザイン等は予告なしに変更する場合があります。●思っていた色や形と違う等、お客様都合での返品はお受けいたしません。つば 鍔 鐔・鍔(つば)は、刀剣の柄と刀身との間に挟んで、柄を握る手を防護する部位、もしくは部具の名称である。 日本における鐔の起源は少なくとも古墳時代まで遡ることが知られ、青銅製の「倒卵形(とうらんがた)」とよばれる鐔が、 頭椎太刀(かぶつちのたち)や環頭大刀(かんとうたち)などに附帯して各地で発掘されている。 鐔を古くは「つみは・津美波」といったが詰まって「つば」となった。 その後、日本独自の刀剣の様式が確立されていくに従い、鍔も重要な刀装部具として発展する。 日本の刀装の場合、太刀様式のものではなく打刀様式の“差す”刀に鍔が付くようになったのは 南北朝時代から室町時代に入った時期であり、下級の足軽の用いるような普及品の刀装に至るまで 刀(打刀)に大型の鍔が付くようになったのは大坂の陣の前後のことである。 各種の資料や寺社の遺品からは、織豊期ではまだ消耗品としての低級な刀装では鍔がないか、 付いたとしても総じて小振りなものであったことが伺われる。 尚、日本刀の場合、鍔の目的は刀を握った手を護る、というよりは突いた際に己の手が刃の方に滑らぬようにするためのもので、 敵の刃から己の手を護ることは二次的なものである。 鯉口を切る上で利便であることや、刀身との重量のバランスを取ることが重要な鐔の役目である。 提供: フリー百科事典...

スポンサーリンク
スポンサーリンク