メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「六角鍛錬棒」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

白樫 棒 6尺 先細【送料お見積り致します】

CHAMP

11,059

白樫 棒 6尺 先細【送料お見積り致します】

白樫製の先細型の特殊な6尺棒です。両端から約60センチのところから、それぞれ先端に向けてテーパー状に細くなっております。 十分に乾燥させた国産の材料のみを使用し、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。 【白樫とは?】 シラガシは本州中南部・四国・九州に分布する、ブナ科コナラ属の常緑広葉樹で、非常に重硬で強靭な材料です。堅い素材の為、繊維が荒くササクレやすいのが唯一の難点でしょうか。木刀では一般的なものから杖・素振木刀・流派木刀と、幅広く使用されております。特に、重量があり強度に優れる為、打ち合い・素振りといった武道の実戦用に向いています。 硬度:★★★★★ 粘度:★★★★☆ 重量:★★★★☆ 打合:★★★★★ 鑑賞:★★☆☆☆ 稀少:★★★☆☆ ※上記は、店長の主観による評価です。科学的実験やデータに基づいた物ではございません。 仕様 商品名 白樫 棒 6尺 先細 (しらがし ぼう 6しゃく さきぼそ) 材質 白樫製 全長 6尺 (約181.8cm) 直径(中央部) 1寸 (約30.3mm) 直径(先端部) 8分 (約24.2mm) 重量 約1050g 表面仕上 ニス仕上 材料原産国 日本製 製作 日本製(宮崎県都城市) ※木製品の為、木目・色合(濃淡)・重量には個体差がございます 【送料】 ※大型商品として個別送料(2500円~)が必要となります。 ご注文後別途お見積もりのご連絡を致します。 送料無料対象外となります。

赤樫 棒 6尺 先細【送料お見積り致します】

CHAMP

8,510

赤樫 棒 6尺 先細【送料お見積り致します】

赤樫製の先細型の特殊な6尺棒です。両端から約60センチのところから、それぞれ先端に向けてテーパー状に細くなっております。 十分に乾燥させた国産の材料のみを使用し、宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作された高品質な仕上がりとなっております。 【赤樫とは?】 本来、赤樫と呼ばれる材料は、現在、非常に希少な為、近い種のイチイ樫が一般的に赤樫として使用されています。 本来の赤樫は本赤樫と言う名で区別され、一部の高級木刀の材料に用いられております。 イチイガシは本州中南部・四国・九州に分布する、ブナ科コナラ属の常緑広葉樹で、重硬で強靭な材料です。 堅い素材の為、繊維が荒くササクレやすいのが唯一の難点でしょうか。木刀では一般的なものから杖・素振木刀・流派木刀と一番、幅広く使用されております。打ち合い・素振りといった武道全般に向いています。 硬度:★★★★☆ 粘度:★★★☆☆ 重量:★★★☆☆ 打合:★★★★☆ 鑑賞:★★☆☆☆ 稀少:★★☆☆☆ ※上記は、店長の主観による評価です。科学的実験やデータに基づいた物ではございません。 仕様 商品名 赤樫 棒 6尺 先細 (あかがし ぼう 6しゃく さきぼそ) 材質 赤樫製 (イチイ樫) 全長 6尺 (約181.8cm) 直径(中央部) 1寸 (約30.3mm) 直径(先端部) 8分 (約24.2mm) 重量 約950g 表面仕上 ニス仕上 材料原産国 日本製 製作 日本製(宮崎県都城市) ※木製品の為、木目・色合(濃淡)・重量には個体差がございます 【送料】 ※大型商品として個別送料(2500円~)が必要となります。 ご注文後別途お見積もりのご連絡を致します。 送料無料対象外となります。

復刻武具 鉄笛(鉄尺八)一尺八寸管

Amazon

12,000

復刻武具 鉄笛(鉄尺八)一尺八寸管

復刻武具楽器 鉄笛(鉄尺八) 寸法 一尺八寸管 約54センチ 重量 約1.2キログラム 実際の音色の参考動画、YOUTUBEにてご覧いただけます。 https://www.youtube.com/watch?v=VY5cKlGzQuI 楽器・法器としての性能と、武具としての性能・堅牢さを併せ持った古武具。鉄笛(テッテキ)鉄尺八です。その名の通り鉄で作られた笛で、攻撃を受け止めたり敵を打ちのめしたりする事が出来ます。見た目では武器とは判断できないため、一種の隠し武器として近世まで用いられました。鉄笛には笛に似せて作られたものと、ちゃんと音を出す事が出来るものがあります。穴が七つの横笛と五つの縦笛とがあり、横笛式は前漢の武帝時代に発明され、縦笛式のものは後漢時代に登場しました 楽器を武器にするというのは日本にも見られ、鉄横笛(篠笛)や鉄尺八といったものが知られています。現在日本国内では、楽器として音階が存在し音の鳴る。武具としても使用できる尺八は他に販売されておりません。 半棒術・杖術・十手術・鉄扇術・剣術等、棒状の武器術のほぼ全てに応用でき、且つ楽器としても楽しむことができる画期的な品物となります。鉄笛の歴史は古く、文献資料を見る限りは日本にも確かに存在していたのですが、現在「しっかりと楽器としての性能を有する」「武具としての重厚さと、和の武器としての味わいを持つ」品物は当店の商品以外には見受けられません。尺八を嗜まれる武道家の方も、また今まで「鉄笛」と縁がなかった方も ぜひこの機会にお試し下さいませ。 お手入れ方法:椿油などの植物性の油で磨いてください。

【訳あり特別価格品】白樫 棒 6尺 (9分径)【送料お見積り致します】

CHAMP

5,400

【訳あり特別価格品】白樫 棒 6尺 (9分径)【送料お見積り致します】

【訳あり特別価格品】反りがあり、表面に目立つ凹凸が有るため特別価格 表面の凹凸は触っていただくと若干感じる程度です。 『反りや凹凸なんて気にしない』という方は是非ご検討下さい! 白樫製の6尺棒です。棒術で最も一般的な使用されるサイズです。直径はスタンダードの1寸径(約30mm)より1回り細めの9分径(約27mm)です。1寸径では少し太いと感じる方にオススメです。宮崎県都城市の伝統工芸士の工房で製作 【白樫とは?】 シラガシは本州中南部・四国・九州に分布する、ブナ科コナラ属の常緑広葉樹で、非常に重硬で強靭な材料です。堅い素材の為、繊維が荒くササクレやすいのが唯一の難点でしょうか。木刀では一般的なものから杖・素振木刀・流派木刀と、幅広く使用されております。特に、重量があり強度に優れる為、打ち合い・素振りといった武道の実戦用に向いています。 硬度:★★★★★ 粘度:★★★★☆ 重量:★★★★☆ 打合:★★★★★ 鑑賞:★★☆☆☆ 稀少:★★★☆☆ ※上記は、店長の主観による評価です。科学的実験やデータに基づいた物ではございません。 仕様 商品名 白樫 棒 6尺 (1寸径) (しらがし ぼう 6しゃく 1すんけい) 材質 白樫製 全長 6尺 (約181.8cm) 直径 9分(約27mm) 表面仕上 ニス仕上 材料原産国 日本製 製作 日本製(宮崎県都城市) ※木製品の為、木目・色合(濃淡)・重量には個体差がございます 【送料】 ※大型商品として個別送料(2500円~)が必要となります。 ご注文後別途お見積もりのご連絡を致します。 送料無料対象外となります。

「土方歳三」拵え写し

ブドウショップ

84,000

「土方歳三」拵え写し

刀の長さ 2尺3寸5分が標準2尺4寸5分まで2尺5寸以上は長寸代金が加算されます 刃文 和泉守兼定 柄色 時代黒正絹 鞘色 茶石目艶 鮫色 白 縁金具 土方(真鍮) 鍔 土方(鉄) 目貫 山椒(真鍮) ハバキ 祐乗(真鍮) 納期:☆本製品は受注生産品のため、ご注文からお届けまで約一ヶ月半から二ヶ月時間がかかりますので予めご了承ください。土方俊三は近藤勇、沖田総司らと幕末に新選組を組織して副長となる。 武蔵国石田村(東京都日野市)、土方義諄(よしあつ)の4男として生まれる。 実家秘伝の「石田散薬」を行商しつつ、近藤周助のもとで天然理心流剣術をまなび、 近藤勇と同門となる。近藤道場(試衛館)の仲間とともに、歳三は文久3年 (1863年)2月、幕府の征夷大将軍徳川家茂警護のための浪士組に応募し近藤勇や沖田総司らと京都へ赴く。清川八郎らが意見の対立で江戸にもどったのちも京都にのこり、芹沢鴨(せりざわかも)、初代局長、芹沢鴨の暗殺後も、2代目局長の近藤勇をたすけて洛中洛外の警備にあたった。 64年(元治元)の池田屋事件で、彼らの名声は一躍高まる。 1868年(明治元)の鳥羽・伏見の戦( 戊辰戦争)では近藤にかわって隊を指揮するが、やぶれて江戸にもどった。その後、名を内藤隼人(はやと)とあらため、近藤らと甲陽鎮撫隊(こうようちんぶたい)を組織して甲斐国勝沼(山梨県甲州市)で官軍とたたかい、下総国流山(千葉県流山市)に敗走。 近藤らがとらえられたのち、小山、宇都宮、会津と転戦、奥羽列藩の脱藩兵らとともに榎本武揚のひきいる旧幕府艦隊に合流して、蝦夷地にわたった。翌69年、箱館(函館)に成立した蝦夷島政府では陸軍奉行並(ぶぎょうなみ)に選任されたが、5月の五稜 郭での抗戦中、銃弾にあたって戦死した。墓は日野市の石田寺...

「織田信長」拵え写し

ブドウショップ

87,000

「織田信長」拵え写し

長さ :2尺4寸が標準72.7cm 2尺5寸以上は長寸代金が加算されます *刃文 備前国長船住光忠 *柄色 時代鉄正絹 *鞘色 暗朱艶 *鮫色 白 *縁金具 古銭(真鍮) *鍔 古銭(鉄) *目貫 古銭(真鍮) *ハバキ 祐乗(真鍮) 納期:☆本製品は受注生産品のため、ご注文からお届けまで約一ヶ月半から二ヶ月時間がかかりますので予めご了承ください。織田信長は、室町末期(1534年~1582年)に活躍した尾張の武将である。1551年、急死した父の後を受けて家督を継ぐも、弟・織田信勝(信行)と家督争いが発生し、これに勝利する。その後、敵対勢力を次々と下していき、尾張を統一した。1560年、圧倒的優位な立場にあった今川義元を桶狭間の戦いで破り世に名を轟かせ、1567年には美濃の斎藤氏を滅ぼした。信長は桶狭間の戦の際に、貨幣(永楽通宝)をわしずかみに取り出し天空に投げ、気運を占った。全ての貨幣が表側で揃い、「天は味方についた」と言い指揮を高めたとも言われている。 その翌年には足利義昭を奉じて上洛を果たし、義昭を将軍位につけるも次第に関係が悪化して、1573年これを追放した。武田氏、朝倉氏、延暦寺、石山本願寺などから成る信長包囲網が結成されるが、1570年の姉川の戦いで浅井・朝倉両氏を破り、1571年には比叡山延暦寺焼き討ちを断行、比叡山全体をことごとく焼き払った。1575年には長篠の戦いで武田勝頼に大勝。以後、天下布武を推し進め、楽市楽座、検地などの政策を採用する。既存の権威や勢力(朝廷・仏教など)を否定し武力で排除する一方、新しい考え方や文化を取り入れる才能があり、出自に囚われない大胆な人材登用や伝統に縛られない新機軸の方針・政策を断行し、応仁の乱以後続いた戦国時代を終結へと導いた...

送料無料
【日本刀より重い 水に沈む木刀】奥武蔵 櫂型 じっくり鍛錬する方にお勧め 素振り用木刀

さくらドーム

6,980

【日本刀より重い 水に沈む木刀】奥武蔵 櫂型 じっくり鍛錬する方にお勧め 素振り用木刀

特徴・筋力を本当に付けたい方向けのかなり重い素振り用木刀です。・日本刀(1〜1.5kg)よりも重い、1.65kg。水に沈むほど重い木材、杜梨を使用。・常に研鑽を重ね、成長を続ける…そんなイメージをこめて「奥武蔵」と命名。・注意:継続して鍛錬できない方向けの製品ではありません。・かなりの重量のため、思い通りに扱えるようになった段階で、成長を実感して頂ける木刀です。 商品説明 ▼実際の鍛錬方法 1.重さの確認 まずは手にとって重さを確認して下さい。ご自身にとってどのくらいの重さなのかを実感することが大切です。 2.構える しっかりと持ち手を握り、構えて見て下さい。構えるだけで、上腕にグッと力がこもるのがわかると思います。 3.ゆっくりと着実に始める ゆっくりと小さく振ってみて、体にかかる負荷を確認して下さい。少し振ってみることで、腕だけではなく、背筋や、腹筋に負荷がかかるのが実感出来ると思います。少し膝を曲げると腰にかかる負荷を軽減され、腹筋と背筋を効率よく鍛えることができます。 4.継続する そのまま回数をこなして、重さに身体を慣らして下さい。決して無理をせず、焦らず着実に鍛錬を重ねましょう。 5.負荷をコントロールする 重さに慣れてきたところで少しずつ動作を大きく、少しずつ振るスピードをあげて下さい。※重心が刃先にあるので、スピードをあげると負荷が急増します。くれぐれもご注意下さい。 6.成長の実感 振れないものを振れるようになる、思うように扱えなかったものが思い通りに扱えるようになることで、成長を実感して頂けると思います。 仕様重さ:1.65kg サイズ:112 x 2-2.5 x 4-6cm 持ち手の周囲:11cm 持ち手の長さ:34cm ※素材には天然木を使用しているため、重量に誤差が発生しますことを予めご了承下さ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク