メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ハイゴールド技極軟式」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

型付け加工済み ルイスビルスラッガー LOUISVILLE SLUGGER TPX オールラウンド用 タン×ブラックメッシュ TネットII

ベースボールフィールド

14,900

型付け加工済み ルイスビルスラッガー LOUISVILLE SLUGGER TPX オールラウンド用 タン×ブラックメッシュ TネットII

ルイスビルスラッガー海外モデル 派手なデザインでグランドで目立ちたいプレイヤーにおすすめです。 ポケットは深め、芯、革共にしっかりとした作りに仕上がっています。 手入れ部にはクッションが入っていますので強い打球の捕球にも適しています。 型付け加工済み、早期にご使用いただけます。 ●軟式野球、ソフトボール向け ●素材 ステアハイド革+メッシュ素材 手入れ部ピッグスキン ●オールラウンド用 外野用としては小さめサイズ ●サイズ 12インチ(31.5cm) グラブの捕球面側、人差し指部先端から土手綴じ部までをメジャーをあてて測定 ●型付け(スチーム加工) グラブ全体にグラブオイルを浸透させ、スチーム加工後に 型付けハンマーにて叩いて型付け加工を致します。 キャッチボールができる程度の癖のない型に仕上げております。 型付け時のオイル染み、汚れ、傷はご了承ください。 革にオイルが浸透し色が濃くなる場合がございます。 【送料について】 ●700円 宮城・山形・福島・群馬・栃木・山梨・茨城・千葉・埼玉・神奈川・東京 新潟・長野・富山・石川・福井・静岡・愛知・岐阜 ●800円 青森・秋田・岩手・大阪・京都・奈良・滋賀・兵庫・和歌山・三重 ●800円 島根・鳥取・山口・広島・岡山・愛媛・香川・高知・徳島 ●900円 福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島 ●900円 北海道 ●1200円 沖縄

kumae クマエさんのポストカード カンボジア・シェムリアップのゴミの山で働く人々を助ける活動 グッと地球便でも放送されました

コモンセ・インターナショナル

270

kumae クマエさんのポストカード カンボジア・シェムリアップのゴミの山で働く人々を助ける活動 グッと地球便でも放送されました

★彡 ★彡 ★彡 ★彡 ★彡 ■ポストカード(手作りの為、少しずつ大きさが違うことをご了承ください) ■KUMAE 山勢拓弥さんデザイン ■素材=自生するバナナの木の繊維から作られる“バナナペーパー ☆本当に素晴らしいボランティア活動をされており私も共感して少しでもお役に立てたらとバナナペーパーのポストカード他の日本での販売を決めました。 ■カンボジアの世界遺産のアンコール遺跡で知られる観光都市・シェムリアップで、ボランティアのNGO団体を立ち上げた山勢拓弥さん。 その近くの小さなアンルンピー村に彼が設立したNGO団体はある。 ここは農業が主な産業だったが、近年はシェムリアップから出るゴミがすべてここに廃棄されるようになった。カンボジアにはゴミ焼却施設がないため、ゴミ山は年々巨大化。ゴミ山の近くで暮らしながら、集めたビンや缶を売って生計を立てている村人も多い。注射針などの医療廃棄物も多く、悪臭やハエ、汚水など環境は劣悪です。 ゴミ山で働く人々の生活・教育水準の向上を目指すNGOを立ち上げた。 現在は、自生するバナナの木の繊維から作られる“バナナペーパー"工房に、5人の従業員を雇用。ペーパーはポストカードとして土産物屋で販売している。 このバナナペーパー作りを、村の新たな産業にしたいと考えている。 そんな活動に興味を持って日本からやってくる人たちを、ゴミ山に案内するガイドの仕事もしている拓弥さん。こうしたガイドの収入が、拓弥さんの生活費と活動資金の一部になっているのです。 (グッと地球便からも引用させていただいてます) ★彡 ★彡 ★彡 ★彡 ★彡 No.110.002.006

kumae クマエさんのグリーティングカード=レターセット カンボジア・シェムリアップのゴミの山で働く人々を助ける活動 グッと地球便でも放送されました

コモンセ・インターナショナル

324

kumae クマエさんのグリーティングカード=レターセット カンボジア・シェムリアップのゴミの山で働く人々を助ける活動 グッと地球便でも放送されました

★彡 ★彡 ★彡 ★彡 ★彡 ■グリーティングカード=レターセット ■KUMAE 山勢拓弥さんデザイン ■素材=自生するバナナの木の繊維から作られる“バナナペーパー ☆本当に素晴らしいボランティア活動をされており私も共感して少しでもお役に立てたらとバナナペーパーのポストカード他の日本での販売を決めました。 ■カンボジアの世界遺産のアンコール遺跡で知られる観光都市・シェムリアップで、ボランティアのNGO団体を立ち上げた山勢拓弥さん。 その近くの小さなアンルンピー村に彼が設立したNGO団体はある。 ここは農業が主な産業だったが、近年はシェムリアップから出るゴミがすべてここに廃棄されるようになった。カンボジアにはゴミ焼却施設がないため、ゴミ山は年々巨大化。ゴミ山の近くで暮らしながら、集めたビンや缶を売って生計を立てている村人も多い。注射針などの医療廃棄物も多く、悪臭やハエ、汚水など環境は劣悪です。 ゴミ山で働く人々の生活・教育水準の向上を目指すNGOを立ち上げた。 現在は、自生するバナナの木の繊維から作られる“バナナペーパー"工房に、5人の従業員を雇用。ペーパーはポストカードとして土産物屋で販売している。 このバナナペーパー作りを、村の新たな産業にしたいと考えている。 そんな活動に興味を持って日本からやってくる人たちを、ゴミ山に案内するガイドの仕事もしている拓弥さん。こうしたガイドの収入が、拓弥さんの生活費と活動資金の一部になっているのです。 (グッと地球便からも引用させていただいてます) ★彡 ★彡 ★彡 ★彡 ★彡 No.110.002.006

スポンサーリンク
スポンサーリンク