メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「テニスリプレイスメントグリップ」検索結果。

テニスリプレイスメントグリップの商品検索結果全88件中1~60件目

送料無料
HEAD テニス リプレイスメントグリップ ハイドロゾーブ・コンフォート [ホワイト] / 285313

ゼブランド

2,980

HEAD テニス リプレイスメントグリップ ハイドロゾーブ・コンフォート [ホワイト] / 285313

商品名HEAD(ヘッド) テニス リプレイスメントグリップ ハイドロゾーブ・コンフォート ホワイト 285313ブランドHEAD(ヘッド)メーカー型番285313JAN0726423696728カラーホワイト商品仕様原産国:台湾 長さ:110cm 厚さ:2.1mm 幅:2.7cm ※ お一人様3個まで※ 他ネットショップでも併売しているため、ご注文後に在庫切れとなる場合がございます。予めご了承ください。※ 品薄または希少等の理由により、参考価格よりも高い価格で販売されている場合があります。ご注文の際には必ず販売価格をご確認ください。※ 沖縄県の場合、別途送料をご負担いただきます。予めご了承のうえご注文ください。※ 離島・一部地域の場合、別途追加送料のご負担をお願いする場合がございます。※ お使いのモニタにより写真の色が実際の商品の色と異なる場合や、イメージに差異が生じることがあります。あらかじめご了承ください。※ 商品の詳細(カラー・数量・サイズ 等)については、ページ内の商品説明欄をご確認のうえ、ご注文ください。HEAD(ヘッド)HEAD(ヘッド) テニス リプレイスメントグリップ ハイドロゾーブ・コンフォート ホワイト 285313振動吸収●圧さを2.1mmにして、クッション性を高めた、 ●ソフトでしっかりと握れる快適グリップ。 ●新グラフィン・パワー系ラケットに採用

送料無料
HEAD テニス リプレイスメントグリップ レザーツアー 282010 [ブロンズ] / 282010-bw

ゼブランド

4,080

HEAD テニス リプレイスメントグリップ レザーツアー 282010 [ブロンズ] / 282010-bw

商品名HEAD(ヘッド) テニス リプレイスメントグリップ レザーツアー 282010ブランドHEAD(ヘッド)メーカー型番282010-bwJAN0726423274841カラーブロンズ商品仕様原産国:台湾 長さ:118cm 厚さ:1.5mm 幅:2.5cm ※ お一人様3個まで※ 他ネットショップでも併売しているため、ご注文後に在庫切れとなる場合がございます。予めご了承ください。※ 品薄または希少等の理由により、参考価格よりも高い価格で販売されている場合があります。ご注文の際には必ず販売価格をご確認ください。※ 沖縄県の場合、別途送料をご負担いただきます。予めご了承のうえご注文ください。※ 離島・一部地域の場合、別途追加送料のご負担をお願いする場合がございます。※ お使いのモニタにより写真の色が実際の商品の色と異なる場合や、イメージに差異が生じることがあります。あらかじめご了承ください。※ 商品の詳細(カラー・数量・サイズ 等)については、ページ内の商品説明欄をご確認のうえ、ご注文ください。HEAD(ヘッド)HEAD(ヘッド) テニス リプレイスメントグリップ レザーツアー 282010オーバーグリップツアー・プロの要望から生まれた、高品質なレザーグリップ。プレーヤーにしっかりとフィーリングを伝えます。

Balmforth フェアウェイ Fairway ミッドサイズ レザーグリップ 色 タン (テニスリプレイスメントグリップ)

Amazon

3,380

Balmforth フェアウェイ Fairway ミッドサイズ レザーグリップ 色 タン (テニスリプレイスメントグリップ)

標準サイズの硬式テニスラケットに相応しいリプレースメントグリップです。グリップの長いラケットには、フェアウェイの『ダブルハンド』を選択してください。 本品は、イギリス、LeedsのE.B. Balmforth社が自ら製造する伝統のフェアウェイグリップで、ライセンス生産されているフェアウェイグリップとは異なります。 厳選された子牛の皮革(カーフスキン)から年に1度のみ生産するとのことで、数量は限定されています。幅が22.2mm,厚さ1.5mmほどですが、グリップのエッジはラウンド処理されており、正しく巻けば重ねあう部分に規則的な溝ができます。皮革の表面をセロハンなどで磨くと、独特の粘性が生じます。 本品には、グリップに固定するための、小さな釘や粘着テープなどは付属していません。装着にはレザーグリップの取り付けに精通したプロストリンガーなどに依頼されることがベストですが、巻き直しができますから、初めての方が工夫して装着することは可能です。 なお、釘を使用しなくても、グリップエンド部分の重ね幅を多少大きくすることで巻くことは可能です。グリップへ巻くには、薄めの両面テープを用意してください。両面テープは、レザーグリップの裏面に貼り付けてから巻くよりも、グリップのプラスチック部に貼り付けた方がうまくゆきます。巻くにはある程度の力をかけて、特にグリップエンド部分に緩みのないように巻いてゆきますので、両面テープのプラ紙は巻きながら剥がしていきます。最後の部分に段差ができないようにするため、切り取る位置が確定したら、その少し前から、裏面をカッターナイフで削ぎ、少し薄くします。 巻く注意点としては、グリップを重ね過ぎないことです。1ミリ以内になるようにテンションをかけながら巻いてゆくと、重ね部分に規則的な溝ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク