メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ダイビングナイフ」検索結果。

ダイビングナイフの商品検索結果全267件中1~60件目

UK ダイビングナイフ ブルータング 黒 チタン | アンダーウォーターキネティックス ダイバーナイフ ダイバーズナイフ 水中ナイフ

レプティル

12,960

UK ダイビングナイフ ブルータング 黒 チタン | アンダーウォーターキネティックス ダイバーナイフ ダイバーズナイフ 水中ナイフ

ダイビングナイフ Underwater Kineticsアンダーウォーターキネティックスのダイビングナイフ ブルータングです。コンボエッジのブレードの先端は安全性を考えたブラントティップを採用しラインカッターも装備。ブレードには強度、切れ味、耐腐食性に非常に優れた、チタニウムを使用しており、とても軽く扱いやすくなっています。ハンドルはポメル部分を取り外すことにより分解することが可能。シースはABS樹脂製でナイフの紛失防止のロック付き。ストラップが2本付属しており、シースの上部と下部にあるベルトループにそれぞれ通すことで、脚などに取り付け可能になります。ダイビングナイフの詳細ハンドルカラーブラック全長約255mmブレード長さ約100mm刃厚約3.5mmストラップ長さ約480mm重量約140gブレード材質チタニウムハンドル材質ABS樹脂アンダーウォーターキネティックス(UK)は、1971年に創業したアメリカのメーカーです。アンダーウォーターキネティックスの名の通り、ダイビング用品を企画提案する会社です。創業者のAlan UkeがUCSD(カリフォルニア大学サンディエゴ校)の寮の一室で創業。1974年に小型の高出力フラッシュライトを開発し、ハンディライトの世界に革命をもたらしました。アルミ素材を用いるメーカーが多い中、腐食に強く軽量、色のバリエーションも豊富な素材、高強度のエンジニアリングプラスチックをボディ素材に採用し、トップレベルの機能と、リーズナブルな価格を維持しつつ、満足行くレベルを保持しています。[アンダーウォーターキネティックス/UK]アンダーウォーターキネティックスの商品一覧[380][d01310296038000000000][000UK] | アンダーウォーターキネティックス ダイバーナイフ ダイバーズナイフ...

ONTARIO アウトドアナイフ Mark3 U.S. Navy ソーバック オンタリオ アメリカ海軍 プレーン ストレート のこぎり刃 ユーエスネイビー ダイビングナイフ ダイバーナイフ...

レプティル

14,256

ONTARIO アウトドアナイフ Mark3 U.S. Navy ソーバック オンタリオ アメリカ海軍 プレーン ストレート のこぎり刃 ユーエスネイビー ダイビングナイフ ダイバーナイフ...

オンタリオ アウトドアナイフアメリカ海軍も使用しているソーバック付きのアウトドアナイフアメリカ海軍(U.S. Navy)も使用しているオンタリオのアウトドアナイフ、マーク3 USネイビーです。ブレードの鋼材には丈夫なステンレススチールを使用しており、ブラックオキサイドといわれる、金属の表面に黒色の酸化被膜を作り赤錆びを防ぐ防錆び被膜加工を施しているので、腐食性を高めた作り。錆びにくい素材なのでダイビングナイフとしても使用できます。エッジは直刃(プレーン)タイプで、背の部分にはソーバック(ノコギリ刃)が付いているのでロープなどを切る際に便利。ハンドルはプラスチック製となっており、表面にはチェッカリングが施されているので滑り止めの効果があり、しっかりと握ることができます。ハンドルエンドのソングホールには紐が通されており、紐付きの成形プラスチックシースが属しているのでしっかりと足に固定することが可能。アウトドアナイフの詳細全長約27.5cmブレード長約14.2cm刃厚約4mm重量約287gブレード材ステンレス鋼ハンドル材プラスチック付属成形プラスチックシース生産国アメリカオンタリオ ナイフ創業当初の詳しいことは分かっていませんが、1889年にウィリアム・B・エンワース、チャールズ・アルバート・ブレースと、ウィリアム・モーズリーの3人がニューヨークのナポリで写った写真が残されており、ナポリのあるオンタリオ州郡が社名の由来とされています。1967年にサーボトロニクス社がオンタリオナイフを買収し、さらに主にコレクターのためのポケットナイフを製造するクイーン・カトラリー・マニファクチャー・ポケットナイフも買収。2つのナイフファクトリーはお互いの得意分野を融合させ、現在のオンタリオナイフを築き上げています。[オンタリオ/ONTARIO...

送料無料
zippo 1998年 SWAP MEET ナイフセット 500個限定

Amazon

58,000

zippo 1998年 SWAP MEET ナイフセット 500個限定

「スワップミート」は「交換会」という意味を持ち、ジッポーのコレクターや業者が集まるイベントです。1995年からブラッドフォードで年に1回開催され、1998年からは2年に1回の開催となりました。アメリカ・ペンシルバニア州にあるブラッドフォードという小さな街に、ジッポー社の工場やビジターセンターなどがあり、毎年交互にスワップミートとナショナルジッポーデイのジッポーイベントが開催されています。スワップミートは、ジッポーファンが多く集まるイベントです。1998年からは日本での開催も始まりました。現在は開催予定がないため、希少な商品です。ZIPPO社は1993年にアメリカの老舗ナイフメーカー、CASE社を吸収合併して同じ敷地内で営業を行っています。ZIPPO社が販売するナイフの多くはこのCASE社が生産しています。このジッポーのボディーは、ミラーのようにピカピカしている「ハイポリッシュ・クローム」#250です。クロームがけした表面がなめらかに研磨されているためミラーがわりにもなり、「鏡面仕上げ」とも呼ばれています。5、10年と使い込めば、クロームがはがれ、ブラス地が見えてきて、より一層良い味が醸し出されます。小さいけれど、鏡代わりにして急場をしのいだ話は、このモデルから生まれました。絵柄はプリント加工です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク