メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「キャッチャーミット硬式」検索結果。

キャッチャーミット硬式の商品検索結果全755件中1~60件目

送料無料
ハタケヤマ PBWシリーズ PBW-7201 硬式キャッチャーミット

湯もみの鉄人

58,212

ハタケヤマ PBWシリーズ PBW-7201 硬式キャッチャーミット

●表革:スペシャルジャパンハイド 強度を備えた和牛革を特殊オイルで仕上げています。 特有のしっとり感があり使う程に味がでます。 ●裏革:和牛革ブラック (ロングタイプ指カバー) ●カラー:エコロジーブラウン、ブラック〜グラブという道具に魂を込める〜   ★グラブをいかに手のひらに近づけるか サスタメニ、テノヒラデトル。 名人「江頭重利」の言葉が、数多くの名手と呼ばれる選手の心を打った。 福良淳一、辻発彦、小川博文、・・・ 湯もみ型付けというのは、ただ柔らかくするのが目的ではない。手のひらの中心で取れば、すばやく投げることが出来るという単純だが奥の深い理論を実現するために、グラブを手のひらに近づける。  取る、投げる、さばく。選手ひとりひとりが、どのようなボールを掴み、どのように投げるのかを考えながらグラブに型をつける。 名人の思いを受け継ぎ、鉄人がグラブに魂をこめる。   ★革と対話する。湯もみ型付けの工程   その1.湯もみ型付け前 工場から出来上がってきたばかりのグラブ。 型も悪く、紐の通しや、結び目もバラバラである。 このままの状態では、手のひら部分の革が硬く、本来ポケットとして使うべき部分では補給するのが難しい。 革紐の間隔や締め具合、良いグラブの選別は、数多くのグラブを手にしてきた者にしか解らないだろう。 まずは手を入れ、型を見る。ここから鉄人の型付けが始まる・・・。   その2.グラブの分解(原型作り) ただ湯につけて揉むだけじゃない! 親指部分と土手部分のレースをほどき、中の芯を取り出す。 そして、グラブの受球面と裏革の内側にボンドの役割を果たす、 グリースの状態をチェックする。 グリースの量や塗り範囲、グリースの鮮度・状態が悪ければ全て除去し、フレッシュな湯もみ専用のグリースを塗り直す。...

送料無料
ハタケヤマ PBWシリーズ PBW-7227 硬式キャッチャーミット

湯もみの鉄人

58,212

ハタケヤマ PBWシリーズ PBW-7227 硬式キャッチャーミット

●表革:スペシャルジャパンハイド 強度を備えた和牛革を特殊オイルで仕上げています。 特有のしっとり感があり使う程に味がでます。 ●裏革:和牛革ブラック (ロングタイプ指カバー) ●カラー:エコロジーブラウン、ブラック〜グラブという道具に魂を込める〜   ★グラブをいかに手のひらに近づけるか サスタメニ、テノヒラデトル。 名人「江頭重利」の言葉が、数多くの名手と呼ばれる選手の心を打った。 福良淳一、辻発彦、小川博文、・・・ 湯もみ型付けというのは、ただ柔らかくするのが目的ではない。手のひらの中心で取れば、すばやく投げることが出来るという単純だが奥の深い理論を実現するために、グラブを手のひらに近づける。  取る、投げる、さばく。選手ひとりひとりが、どのようなボールを掴み、どのように投げるのかを考えながらグラブに型をつける。 名人の思いを受け継ぎ、鉄人がグラブに魂をこめる。   ★革と対話する。湯もみ型付けの工程   その1.湯もみ型付け前 工場から出来上がってきたばかりのグラブ。 型も悪く、紐の通しや、結び目もバラバラである。 このままの状態では、手のひら部分の革が硬く、本来ポケットとして使うべき部分では補給するのが難しい。 革紐の間隔や締め具合、良いグラブの選別は、数多くのグラブを手にしてきた者にしか解らないだろう。 まずは手を入れ、型を見る。ここから鉄人の型付けが始まる・・・。   その2.グラブの分解(原型作り) ただ湯につけて揉むだけじゃない! 親指部分と土手部分のレースをほどき、中の芯を取り出す。 そして、グラブの受球面と裏革の内側にボンドの役割を果たす、 グリースの状態をチェックする。 グリースの量や塗り範囲、グリースの鮮度・状態が悪ければ全て除去し、フレッシュな湯もみ専用のグリースを塗り直す。...

送料無料
ハタケヤマ PBWシリーズ PBW-7209 硬式キャッチャーミット

湯もみの鉄人

58,212

ハタケヤマ PBWシリーズ PBW-7209 硬式キャッチャーミット

●表革:スペシャルジャパンハイド 強度を備えた和牛革を特殊オイルで仕上げています。 特有のしっとり感があり使う程に味がでます。 ●裏革:和牛革ブラック (ロングタイプ指カバー) ●カラー:エコロジーブラウン、ブラック〜グラブという道具に魂を込める〜   ★グラブをいかに手のひらに近づけるか サスタメニ、テノヒラデトル。 名人「江頭重利」の言葉が、数多くの名手と呼ばれる選手の心を打った。 福良淳一、辻発彦、小川博文、・・・ 湯もみ型付けというのは、ただ柔らかくするのが目的ではない。手のひらの中心で取れば、すばやく投げることが出来るという単純だが奥の深い理論を実現するために、グラブを手のひらに近づける。  取る、投げる、さばく。選手ひとりひとりが、どのようなボールを掴み、どのように投げるのかを考えながらグラブに型をつける。 名人の思いを受け継ぎ、鉄人がグラブに魂をこめる。   ★革と対話する。湯もみ型付けの工程   その1.湯もみ型付け前 工場から出来上がってきたばかりのグラブ。 型も悪く、紐の通しや、結び目もバラバラである。 このままの状態では、手のひら部分の革が硬く、本来ポケットとして使うべき部分では補給するのが難しい。 革紐の間隔や締め具合、良いグラブの選別は、数多くのグラブを手にしてきた者にしか解らないだろう。 まずは手を入れ、型を見る。ここから鉄人の型付けが始まる・・・。   その2.グラブの分解(原型作り) ただ湯につけて揉むだけじゃない! 親指部分と土手部分のレースをほどき、中の芯を取り出す。 そして、グラブの受球面と裏革の内側にボンドの役割を果たす、 グリースの状態をチェックする。 グリースの量や塗り範囲、グリースの鮮度・状態が悪ければ全て除去し、フレッシュな湯もみ専用のグリースを塗り直す。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク